@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セルジューク朝【セルジュークちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セルジューク朝
セルジュークちょう
Seljuq; Saljūq
オグズ族の一分派であるセルジューク・トルコ族の建てたイスラム王朝 (1037~1157) 。 10世紀に族長セルジュークに率いられ,東方からシルダリア下流に移ってきてイスラム化した。その孫トグルル・ベグの時代にホラーサーンに進出し,王朝の基礎を築いた。彼は 1055年バグダードに入城して,アッバース朝カリフからスルタンの称号を受けた。第2代アルプ・アルスランは小アジア,シリア,アルメニアパレスチナに進出。第3代マリク・シャー (在位 1072~92) の時代に最盛期を迎え,大宰相ニザームル・ムルクの補佐を得て,軍事的封建制 (→イクター ) を中心に国家体制を整え,多くの公共施設を建設した。セルジューク朝の拡大とその小アジアへの進出とはビザンチン帝国を脅かし,十字軍遠征の起因となった。マリク・シャーの没後,王朝は分裂し,カラ・キタイ (→西遼 ) の侵入とオグズの反乱のうちに滅びた。この王朝はイスラム帝国としての統治機構と文化とをもったが,軍事機構にはトルコ的形態が強い。ガザーリーやオマル・ハイヤーム,ニザーミーのような学者,文人を輩出し,ニザーミヤ学院が各地に建てられ,イスラム文化の発展に貢献した。なお,この大セルジューク朝から分裂した小王朝をそれぞれ,ケルマーン・セルジューク朝 (41~1186) ,アナトリア (ルーム) ・セルジューク朝 (1077~1307) ,シリア・セルジューク朝 (1078~1117) ,イラク・セルジューク朝 (17~94) と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

セルジュークちょう【セルジューク朝 Saljūq】
トルコ系の王朝。1038‐1194年。大セルジューク朝とも呼ばれる。トルクメン族の族長セルジュークは,カスピ海,アラル海の北方方面より10世紀末にシル・ダリヤ河口のジャンドへ移住してムスリムとなり,ガージーを集めて勢力をなした。その子イスラーイールIsrā‘īl(?‐1032)は,サーマーン朝,次いでカラ・ハーン朝ガズナ朝と同盟して力を伸ばした。その甥のトゥグリル・ベク,チャグリー・ベクChaghrī Bek(987‐1060)らは,1038年ニーシャープールに無血入城し,40年にはダンダーナカーンDandānqānの戦でガズナ朝軍を破り,ホラーサーンの支配権を手中に入れた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

セルジューク朝
せるじゅーくちょう
Saljq
トルコ系の王朝(1038~1194)。カスピ海、アラル海北方方面より、10世紀末にシルダリヤ河口へ移住した族長セルジュークに率いられた一族は、イスラム化したトルコ人を集めて勢力をなし、その子イスマーイールはサーマーン朝、カラ・ハン朝、ついでガズナ朝と同盟して力を伸ばした。セルジュークの孫トゥグリル・ベク、チャグリー・ベクChaghr Bek(987―1060)らは、1038年にネイシャーブールに無血入城し、1040年にはダンダーンカーンの戦いでガズナ朝軍を破り、ホラサーンの支配権を得た。1055年、トゥグリルはバグダードに入り、アッバース朝カリフより、史上初めてスルタンの称号を公式に受け、東方イスラム世界の支配者として公認された。次のアルプ・アルスラーンはジョージア(グルジア)、シリアに遠征し、1071年には東アナトリアのマラズギルトでビザンティン軍を破り、皇帝を捕虜にした。第3代スルタンのマリク・シャー(在位1072~1092)時代が最盛期で、版図は、シリア、ペルシア湾からホラズム、フェルガナにまで達し、イエメンやバフラインにも遠征軍を派遣した。
 宮廷公用語はペルシア語で、ウマル・ハイヤーム(ウマル・アル・ハイヤーミー)らの文学者、ガザーリーらの神学者が輩出した。官僚はペルシア人が登用された。ニザーミーヤ学院を創設したニザーム・アルムルクはその代表的な存在で、彼の一族が代々宰相となった。軍隊は、初期には遊牧のトゥルクメンが中心であったが、やがて奴隷兵のグラーム(マムルーク)が重んぜられるようになり、総司令官、地方総督、イクターの保有者、幼少の王族の養育係であるアター・ベクなどの要職を独占した。国土は王族の間で分割されていたが、マリク・シャーの没後、一族間の内紛が激化し、グラーム優遇に不満を抱くトゥルクメンもこれに荷担した。歴代のスルタンは、西方へ進出する積極的な意図はなかったが、新たにマーワラー・アンナフルより流入したトゥルクメンや、反乱に失敗した王族らが新天地を求めてアナトリアへ移動し、ルーム・セルジューク朝や諸侯国を建てた。サンジャル(在位1117~1157)時代に一時王朝の再統一がなされたが、西方ではアター・ベク朝が独立し、東部州はカラ・キタイ、グズ人の侵入によって混乱し、サンジャル自身もグズの捕虜となって、スルタンの権威は失墜した。彼の死後、イラクとキルマーンにセルジューク家による地方政権が残ったが、前者はホラズム・シャー朝に、後者はグズによって滅ぼされた。[清水宏祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

セルジューク朝
セルジュークちょう
Seljūq
1038〜1194
中央アジアのトルコ系オグズ族の一派が建てたイスラーム王朝
10世紀ごろ,族長セルジュークは郷土クヌクからシル川下流に移り,イスラームに改宗,近隣のトルコ系・イラン系勢力の間隙に乗じて地歩を固め,その孫トゥグリル=ベクはホラサーン全域を占有して王朝の基礎を確立した。ついでトルコ系・イラン系勢力を撃破してバグダードにはいり,アッバース朝カリフの保護者としてスルタンの尊号を取得(1058)。次代アルプ=アルスラーン(在位1063〜72)のとき,シリア・パレスチナ・エジプトなどを攻略し,小アジア半島内陸に進出してアルメニアを略取。その子マリク=シャー(在位1072〜92)は中央アジア征服を完成して黄金時代を現出し,ビザンツ帝国に脅威を与え,11世紀末の十字軍遠征を引き起こした。マリクの死後,内紛のために王朝は分裂し,ホラズムやカラ−キタイ(西遼)の侵略を受けて滅亡した。文化面では学芸を奨励し,イスラーム神学・ペルシア文学・造形美術(特に建築)にみるべきものが多い。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セルジューク‐ちょう〔‐テウ〕【セルジューク朝】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セルジューク朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セルジューク朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation