@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セルビア・モンテネグロ【せるびあもんてねぐろ】

知恵蔵

セルビア・モンテネグロ
1992年4月に建国されたユーゴスラビア連邦(新ユーゴ)を構成していたセルビアモンテネグロ両共和国による、緩やかな連合国家。外交、安全保障、国際経済関係を共通とする連合国家であり、国連での議席は1つ。共通議会は直接選挙で選出された議員からなり、定数は126人(セルビア91、モンテネグロ35)、首都の規定はなく、通貨は、セルビアではディナール、モンテネグロではユーロが使用される。3年後に連合形態を見直し、国民投票により独立する権利が保障されたことが重要。人口1000万のセルビアと65万のモンテネグロからなる非対称的な国家であったが、両者はセルビア語とセルビア正教を共通とする親密な関係にあった。しかし、ボスニア内戦終結後も国際社会への復帰を認められないミロシェビッチ政権のユーゴスラビア連邦に対して、モンテネグロの自立傾向が強まった。97年10月のモンテネグロ共和国大統領選挙で、民主社会党党首のジュカノビッチは、ミロシェビッチ派の現職を僅差ながら破って当選。98年5月の議会選挙でも、同党を中心とした連合が勝利をおさめた。国際社会の支援を受けたモンテネグロの独立傾向は、コソボ紛争や99年のNATOのユーゴ空爆と連動して強化された。2000年10月の「民衆革命」後、それは更に強まった。02年3月、セルビアとモンテネグロとの間に緩やかな連合国家セルビア・モンテネグロを作ることで合意が成立。憲法委員会は同年12月にようやく新憲法案を起草、03年2月4日に連邦議会がこれを採択して、セルビア・モンテネグロへの移行が完了した。1929年以来使われてきたユーゴスラビアという国名は、完全に消滅した。06年6月、国民投票によりモンテネグロが独立した。
(柴宜弘 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

日本大百科全書(ニッポニカ)

セルビア・モンテネグロ
せるびあもんてねぐろ
Serbia and Montenegro

2003~2006年にヨーロッパ南東部にあった連合国家。セルビアとモンテネグロの二つの共和国で構成されていた。バルカン半島に位置し、南西部はアドリア海に臨み、北をハンガリー、北東をルーマニア、東をブルガリア、南をマケドニア(現、北マケドニア共和国)とアルバニア、西をクロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナと接していた。首都はベオグラード。面積10万2173平方キロメートル。うちセルビア共和国の面積は8万8361平方キロメートル、主都はベオグラード。モンテネグロ共和国の面積は1万3812平方キロメートル、主都はポドゴリツァ(旧名チトーグラード)。

 セルビアとモンテネグロは、もともとユーゴスラビア連邦共和国(新ユーゴスラビア)を構成していたが、2003年2月公布の新憲法(憲法的憲章)に基づき、両共和国の行政権を大幅に拡大した、より緩やかな連合国家the State Unionへ移行、国名をセルビア・モンテネグロと改称した。その後、2006年5月、かねてより分離独立志向が強かったモンテネグロが、独立の是非を問う住民投票を実施。その結果、賛成多数により独立を決定、同年6月にモンテネグロは、独立宣言を行い独立国家モンテネグロ共和国となった。それを受け、セルビアは、セルビア・モンテネグロの承継国として独立国家セルビア共和国となり、連合国家セルビア・モンテネグロは消滅した。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セルビア・モンテネグロ

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セルビア・モンテネグロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セルビア・モンテネグロの関連情報

関連キーワード

国連加盟年月日ごとの加盟国一覧近藤芳美ドイツ統一クラーク(Larry Clark)スペースシャトル飛行記録ヨーロッパ通常戦力条約仙田満久石譲黒沢清スピードスケート

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation