@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セレウキア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セレウキア
Seleukia; Seleukeia
セレウケイアとも呼ばれる。セレウコス朝シリア王国の領土に 12ないし 14ほど数えられる都市名。セレウコス1世に由来する。セレウコス朝下に新たに建設されたもの,在来の都市の改名,在来都市名に冠せられた場合などがある。以下の2つが有名。 (1) チグリス河畔のセレウキア バグダード南西約 32km,チグリス川右岸に位置する。前 312年頃セレウコス朝の創始者セレウコス1世により,広大な領土の首都として建設された。近隣にあったバビロンに代って繁栄し,オリエント世界におけるギリシア文明伝播の基地,東西通商の中継地となった。パルティア人が征服したのちも商業都市として栄えたが,35~42年の反乱,165年のローマの侵入による焼打ちなどにより衰亡。 (2) セレウキア・ピエリア シリアのオロンテス河口より北方 6.4kmに位置した港町。セレウコス1世により前 300年頃都市として建設されたが,まもなく首都はアンチオキアに移りセレウキアはアンチオキアの港となった。前 245年プトレマイオス3世エウエルゲテスに占領されたが,前 219年アンチオコス3世が奪還。ローマ時代には自治都市となり港湾都市として栄えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セレウキア
せれうきあ
Seleucia
メソポタミアの古代都市遺跡。ティグリス川と、ユーフラテス川からの一運河との合流点にあり、ほかの同名の都市と区別するため「ティグリス河畔の」という形容を付される。紀元前312年にセレウコス朝初代の王セレウコス1世がその領土の首都として設立した。発掘調査の結果によると、遺跡は四層からなり、第四層はセレウコス朝時代、第三層はパルティア王ミトリダテスによる占領(前141)から前143年のパルティア王に対する反乱まで、第二層はそれからローマのトラヤヌス帝(在位後98~117)による攻略まで、第一層はローマの将軍アウィディウス・カシウスによる攻撃(165ころ)までと、セプティミウス・セウェルス帝時代の攻撃(197ころ)までとに分けられる。市の住民は元来ギリシア人とバビロニア人であり、前3世紀初期にシリアのアンティオキアへの遷都が行われたあとも、またパルティア王の下でも自治を認められ、東西交易の拠点として繁栄した。[小川英雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

セレウキア
Seleukia
シリア王国のセレウコス1世が創建した都市
①ティグリス川河畔のセレウキアは首都で,前312年に建設された。ヘレニズム文化と貿易の中心として栄え,盛時の人口は60万に達した。
②トルコ南西部ピエリアのセレウキアはアンティオキアの外港。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セレウキア(Seleucia)
トルコ南部の都市シリフケ旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セレウキア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セレウキアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation