@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セレネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セレネ
Selene
ギリシア神話の月の女神ティタンヒュペリオンテイアの娘で,太陽神ヘリオスや曙女神エオスの姉ゼウスとも交わり,パンディアという娘を産んだ。彼女を主人公とする最も有名な話は,美男羊飼いエンデュミオンとの恋愛譚で,それによると彼女は,永遠に美しい青年の姿で眠り続けることをゼウスに許された恋人のいる岩屋毎夜訪れては,眠っている彼を抱擁し,それによって 50人の娘を産んだという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セレネ(Selēnē)
ギリシャ神話で、月の女神。羊飼いの美少年エンデュミオンを愛したという。アルテミスと同一視された。ローマ神話ルナにあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せれね【セレネ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

セレネ
せれね
Selene

ギリシア神話の月の女神。ティタン族のヒペリオンとテイアの娘で、太陽神ヘリオスと、曙(あけぼの)の女神エオスの姉妹。父はパラスまたはヘリオス、母はエウリファエッサとする説もある。ゼウスと交わって娘パンディアを生み、また美しい羊毛(あるいは一群の白牛または白羊)と引き換えに、牧神パンに身を任せた。さらに美貌(びぼう)の羊飼いエンディミオンに恋し、不老不死のまま永遠に眠り続けたいとの彼の望みを約束どおりかなえてやった。そして、夜になると天から降りて彼に添い寝したという。

 古来、月は動植物の繁殖や魔術と関係があるとされ、ヘレニズム時代には霊魂のすみかとも考えられていた。また、セレネはしばしばアルテミスと同一視され、ローマ神話ではルナがこれにあたる。

[丹下和彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セレネ
(Selēnē) ギリシア神話の月の女神。太陽神ヘリオスの妹。白馬の引く二頭立ての戦車に乗り、黄金の冠で、夜空を照らす。羊飼いの美青年エンディミオンとの恋のエピソードは有名。ローマ神話のルーナ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セレネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セレネの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation