@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セントジョーゼフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セントジョーゼフ
Saint Joseph
アメリカ合衆国,ミシガン州南西部の市。ミシガン湖の南東岸,セントジョーゼフ河口にある。 1679年ラサールがここに探検基地をつくった。 19世紀初めから入植が始り,ブドウなどの果実をおもに栽培した。中頃には港として繁栄したが,その後は地方的な果実の集散地缶詰自動車部品,ゴム製品などの生産地。人口 9214 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントジョーゼフ
Saint Joseph
アメリカ合衆国,ミズーリ州北西部の都市。ミズーリ川の東岸,カンザスシティーの北約 90km,カンザス州境にある。古くはインディアンに神聖視された土地であったが,白人により 1826年交易所がつくられ,43年町が建設された。カリフォルニアのゴールド・ラッシュのとき (1849) には汽船の基地,幌馬車隊への補給基地としてにぎわった。トウモロコシタバコ牧草穀物などの農業のほか,大規模な家畜市場があり,精肉,酪農製粉業が行われ,衣料鋳物,電気製品などの工業も立地する。州立精神病院がある。人口7万 1852 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セント‐ジョーゼフ(Saint Joseph)
米国ミズーリ州北西部の都市。ミズーリ川に面し、港をもつ。交通の要地で、農畜産物の集散地として発展。食品加工業、製粉業、製紙業などが盛ん。1860年にカリフォルニア州サクラメントとの間を結ぶ、ポニーエクスプレスという郵便配達サービスの起終点となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントジョーゼフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セントジョーゼフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation