@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セントバーナード

デジタル大辞泉

セント‐バーナード(Saint Bernard)
犬の一品種。スイス原産体高約70センチ、体重90キロに達する長毛大形犬アルプスで雪山遭難者の救助に用いられ、名は飼われていたサン‐ベルナール修道院に由来

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

セントバーナード
スイスの筆記具メーカー、カランダッシュ社のボールペンの商品名。「849コレクション」かつ「849 エッセンシャリースイスシリーズ」。スイスの国であるセントバーナードをイメージ。2010年発売。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セントバーナード
せんとばーなーど
Saint Bernard

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、スイス原産の大形犬。先祖はチベッタンマスチフとみなされている。イタリアとスイスの国境にあるセント・バーナード(サン・ベルナール)寺院では、このイヌを飼育訓練し、山越えをしようとして遭難する人々の救助犬として用いていた。その活躍を伝える絵画やニュースは世の人々に感銘を与え、犬種の名を広めるのに大いに貢献した。本犬種がサイズや毛色を固定され、初めてショーに出場したのは1862年で、84年に寺院名をとり犬種名とされた。セントバーナードは巨大犬種であるため、均整がとれていれば大きいほどよいとされる。体高は65センチメートル以上、体重は大きなものでは112キログラムにも達する。長毛種と短毛種があり、毛色は赤褐色と白の斑(はん)である。この斑には定めがあり、マスク(吻(ふん)の周囲)、ブレーズ(鼻すじ)、カラー(頸(けい)部)、前胸と足、尾端などの白いものがよいとされる。

[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セント‐バーナード
〘名〙 (Saint Bernard) 犬の品種の一つ。スイス原産。体高七〇センチメートルから九〇センチメートルに及ぶ大形種。体はがんじょうで、頭は大きく丸みを帯びる。体毛は長毛型と短毛型がある。労役犬、救助犬として用いる。特に、雪山の遭難者を救助することで有名。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「此踈まれた屋敷には疎まれた伯爵夫人が、令嬢道子、老女、召使、家扶田中一家、馬丁、車夫、馬二頭、セント、ベルナアド種の犬一頭、猫二匹、其れだけを将て、去秋以来淋しく住むで居るが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントバーナード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セントバーナードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation