@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セントローレンス川【セントローレンスがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セントローレンス川
セントローレンスがわ
Saint Lawrence River
北アメリカ大陸の東部を流れる大西洋岸側最大の水系。アメリカ合衆国ミネソタ州のセントルイス川が流で,スペリオル湖から五大湖を経て,ガスペ半島の北でセントローレンス湾に流入する。源流を含めた全長は 4023km,流域面積 130万 km2。狭義にはオンタリオ湖から河口までの 1287kmをいう。川幅は最狭がケベック付近で 10km,最大が河口の 144km。オンタリオ湖から下流へ 184kmは,アメリカ合衆国とカナダ国境を形成。また,トロワリビエルから下流は感潮河川となっている。 1534年 J.カルティエが発見,1608年 S.シャンプランがケベックに初めて入植。探検,毛皮交易布教の重要なルートであった。 1959年セントローレンス水路が完成し,水路航行,水力利用の両面において重要性を増した。ボーアルノワダム,アメリカ合衆国とカナダ両国共有の国際ダムがある。セントモーリス,オタワリシュリューなどの支流も多い。沿岸の主要都市はカナダのモントリオール,ケベックなど。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

セントローレンス‐がわ〔‐がは〕【セントローレンス川】
Saint Lawrence》北アメリカ東部を流れる川。オンタリオ湖に源を発し、カナダと米国との国境を流れてセントローレンス湾に注ぐ。長さ約1200キロ。モントリオールまでは可航水路が並行して走る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セントローレンス‐がわ ‥がは【セントローレンス川】
(セントローレンスはSaint Lawrence) カナダとアメリカ合衆国の東部国境を流れる川。オンタリオ湖に源を発し、大西洋のセントローレンス湾に注ぐ。沿岸には工業都市が多く、五大湖と大西洋を結ぶ水運がさかん。全長一二二三キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントローレンス川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セントローレンス川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation