@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

センニンフグ【せんにんふぐ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

センニンフグ
せんにんふぐ / 仙人河豚
[学]Lagocephalus sceleratus
硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と西太平洋からインド洋海域に分布する。フグ科魚類のなかでは沖合いの生活にもっとも適応した種で、体は流線型で、尾柄(びへい)は縦扁(じゅうへん)する。サバフグ属のなかではもっとも大きくなる種で、体長1メートルに達する。背側は灰褐色で小黒点が散在し、体側を銀色の縦線が走る。そのためギンフグの名もある。琉球(りゅうきゅう)諸島に産するものには内臓のほか肉にも強毒があり、フィリピン産はそれより猛毒とされている。[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

センニンフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

センニンフグの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation