@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

セーフガード【せーふがーど】

朝日新聞掲載「キーワード」

セーフガード
輸入急増による国内産業への悪影響を防ぐため、WTO協定で認められている緊急輸入制限措置。うち、途上国に限り、農産物について発動できるのが「特別セーフガード措置」で、04年に導入を決めた。ただ、具体的な発動条件は決まっていない。
(2008-07-30 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

セーフガード(safeguard)
《保護・防衛、また、安全装置の意》
機械や組織、システムなどの安全装置。誤作動や不測の事態に対する対応策。「核物質の軍事転用を防ぐためのセーフガード
GATT(ガット)19条に基づいた緊急輸入制限。特定品目の輸入が増大し、国内産業に重大な損害を与え、または与えるおそれのある場合に、その品目について輸入制限を課することができる。WTO協定に引き継がれた。緊急輸入制限。SG

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

セーフガード
ある品目の輸入が増加することにより、国内産業に重大な損害が与えられる恐れがある場合、緊急輸入制限を行う権利のこと。関税貿易一般協定ガット)19条の特例条項で、世界貿易機関(WTO)協定もこれを認めている。 日本では2001年4月に、ネギ生シイタケい草の3品目に対して発動され、初の農産物発動ケースとなった。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

セーフガード
株式会社チェリオコーポレーションが販売するスポーツドリンク

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

セーフガード【safeguard】
特定産品の輸入急増によって,それと競合する国内生産者に重大な損害が生じている場合,またはそのおそれがある場合,緊急措置として,その産品の関税を引き上げたり,輸入数量制限などの措置を講ずることがある。この措置を一般に〈セーフガード〉とよんでいる。〈緊急輸入制限条項〉と訳すこともある。セーフガード発動の具体的措置としては,関税引上げ,関税割当制度(一定の割り当てられた数量以上の輸入に高関税を課す制度)の導入,課徴金賦課,輸入数量割当て,輸入ライセンス発給停止などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

セーフガード【safeguard】
〔保護、防衛の意〕
WTO (国際貿易機関)協定や GATT(ガット)の特例に基づく緊急輸入制限。特定品の輸入が急増して自国の生産者に重大な損害を与えるおそれのある場合に認められる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

セーフガード
safeguard
一国の貿易において,特定産品の輸入が増大し,国内の生産者に重大な損害を与えるおそれがある場合に,国内生産者を保護するため,その特定産品の輸入を制限できる規定。緊急輸入制限と訳される。関税と貿易に関する一般協定(ガット GATT)第19条と,世界貿易機関 WTOの「セーフガードに関する協定」で,貿易自由化の例外的措置として認められ,すべての品目を対象に発動できる一般セーフガードと,ウルグアイ・ラウンド関税化された農産物に適用できる特別セーフガードがある。輸入制限の手段としては,一般セーフガードでは関税の引き上げまたは輸入数量制限が,特別セーフガードでは関税引き上げが認められている。また一般セーフガードでは発動に際して相手国への補償に努めるよう規定されており,相手国がセーフガードへの対抗措置をとることも認められている。輸入制限の期間は,一般セーフガードが原則 4年以内,特別セーフガードは当該年度末までまたは発動要件を満たす単発の輸入ごとに適用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

セーフガード
せーふがーど
safeguard
緊急輸入制限あるいは緊急輸入制限条項のこと。ある国で、ある輸入品が急増し、自国の競合産業に重大な被害を及ぼすか、あるいはそのおそれのある場合、自国市場の攪乱(かくらん)を防止するために当該輸入品に対して輸入制限あるいは禁止を行うことのできる措置をいう。「自由・無差別」「輸入制限の撤廃」を理念として貿易自由化を進めるWTO(世界貿易機関)において、ガット(GATT)第19条のセーフガード条項またはエスケープ・クローズ(自由化義務を免除する規定)とWTO協定の「セーフガードに関する協定」によって輸入制限を例外的に認めている。セーフガードには、農産品や工業品に対して適用される一般セーフガードとウルグアイ・ラウンド交渉で関税化を行った豚肉や乳製品、コメなどの品目に適用される特別セーフガードがある。2001年(平成13)4月、わが国で初めて、ネギ、生シイタケ、畳表の農産3品目に対して200日間の暫定的セーフガードが発動されたが、中国政府から日本製の自動車、携帯電話、エアコンに対して100%の報復関税の対抗措置がとられるなどしたため、正式発動は見送られた。また、WTOでは特定の国を対象とするセーフガードは原則として認めていないが、中国のWTO加盟に際し、中国から輸出急増が予想されるため、加盟後12年間に限定して中国のみを対象とする特別セーフガードも設けられた。[秋山憲治]
『柳赫秀著『ガット19条と国際通商法の機能』(1994・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

セーフ‐ガード
〘名〙 (safeguard)
① (安全のための)見張り警戒査察
② 緊急輸入制限のこと。WTOでは原則として加盟国の貿易制限を禁止しているが、特定商品の輸入が増加し、国内生産者に多大な損害を与えることが予測される時は、規定によって制限できる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セーフガード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

セーフガードの関連情報

関連キーワード

世界貿易機関貿易の技術的障害FTAブーム自由貿易TRIPS協定ロベルト アゼベドWTO世界貿易機関WTOの紛争解決手続き協定税率

他サービスで検索

「セーフガード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation