@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゼウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゼウス
Zeus
ギリシア神話の最高の神。天空神。ホメロスでは神々と人間たちの父とされる。ローマのユピテルと同一視される。ティタン神族の神クロノスレアの末子として生れた。クロノスは自分自身の子に支配者の地位を奪われるだろうと予言されていたので,生れた子供を次々と飲み込んだ。妻のレアはこれを不満に思い,ゼウスが生れたとき,彼を隠し,代りに産着にくるんだ石をクロノスに与えて飲み込ませた。ゼウスは山中でクレテスたちとアマルテイア (あるいはアドラステイアとイデー) に育てられたが,成長後,オケアノスの娘メティス (思慮の) の助けをかりて,クロノスに吐剤を飲ませ,腹中の身代りとなった石と兄弟たちを吐き出させた。以後,ゼウスら兄弟姉妹はティタンたちと戦い,10年後,タルタロスに幽閉されている者たちを味方にすれば勝利を収めるだろうという予言をガイアから得,キュクロプスたち,ヘカトンケイルたちを解放し,首尾よく勝利を収めた。そしてゼウスら3人の兄弟はくじにより,ゼウスは天界,ポセイドンは海,ハデス冥界の支配者となった。ゼウスはヘラを妻 (ヘシオドスによると3番目の妻) としたが,そのほかに女神,ニンフ,人間の女たちと交わり,ギリシア神話の複雑な系譜の源の1つとなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゼウス(Zeus)
ギリシャ神話の最高神。天候社会秩序をつかさどる。父神クロノス王座から追放し、3代目の支配者となった。ローマ神話ユピテルジュピター)にあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゼウス【Zeus】
古代ギリシア人の最高神。オリュンポス神族の長。その名は〈天空〉を意味する印欧共通基語*dyeusからきており,彼は天空神として雲,雷,雨,雪などの気象をつかさどる一方,人間社会の秩序の維持者とされた。ローマ人によってゼウスと同一視されたユピテルJupiterも,その名はDieu pater〈父なるディエウス〉の意で,本来ゼウスと同じ神である。 神話ではゼウスはティタン神のクロノスレアの子とされ,彼が世界の覇者となった経緯が次のように語られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゼウス【Zeus】
ギリシャ神話の最高神。天空神。オリンポス十二神の一で神族の長。クロノスとレアの子。父クロノスたちのティタン神族を征服した後、世界の統治を兄弟ポセイドン、ハデスとくじで分割し、天界の統治権を得て、世界の覇者となる。正義と法により人間社会の秩序を守る。妻はヘラ。多くの神々や人間の女とも交わり、アテネ・アポロン・アルテミス・ヘルメスなどを生んだ。ローマ神話のユピテル(ジュピター)と同一視される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゼウス
ぜうす
Zeus
ギリシア神話の最高神。オリンポスの神々の支配者で、クロノスとレアとの間に生まれた末っ子(ホメロスでは長子)。クロノスは、わが子に王位を奪われるという予言を恐れ、生まれてきたわが子のポセイドン、ハデス、ヘスティア、デメテル、ヘラを次々に飲み込んだ。そのため怒ったレアは、ゼウスが生まれたときには偽って石を夫に飲ませ、ゼウスを救った。そしてクレタ島のディクテ山の洞窟(どうくつ)に彼を隠し、ニンフと山羊(やぎ)のアマルテイアにその養育を託した。成長したゼウスは、最初の妻メティスを説得してクロノスに吐剤を飲ませ、腹中の兄弟を吐き出させた。そしてこの兄弟たちの協力を得て父クロノスを倒し、さらにティタン(巨人族)と10年もの間戦うが、ガイアの忠告に従って冥府(めいふ)に幽閉されていたキクロプスとヘカトンケイルを解放し味方につけることにより覇権奪取に成功した。支配地は三兄弟で分け、ゼウスは天、ポセイドンは海、ハデスは冥府を得た。
 支配権を確立したのち、ゼウスはさまざまな女神や人間の女と浮き名を流す。正妻ヘラとの間にはアレス、エイレイテイア、ヘベ、ヘファイストスを得たが、それ以前にも女神たちと交わって、メティスからアテネ、テミスからホーラたちとモイラたち、エウリノメからカリスたち、デメテルからペルセフォネ、レトからアポロンとアルテミス、ディオネからアフロディテらを得ている。さらに、嫉妬(しっと)深いヘラの目をかすめながらも人間の女たちと交わり、ディオニソス神をはじめアルカスやミノス、アルゴス、ペルセウス、ヘレネ、ダルダノス、ヘラクレス、ヘルメスらの父となった。このことは、ゼウスを家祖とする高貴な家系をもちたいとの古代人の願望のなせるところであると説明される。
 ゼウスは、神だけでなく人間にとってもその父(保護者)であり、救い主であった。この世の支配者として世界の平和と秩序を守り、人間に法を与え、正義の遂行を見守り、偽誓(ぎせい)を罰し、客の接待を奨励し、政治的自由を守る神であった。また家の保護者、炉や財産の守り神、さらには豊饒(ほうじょう)を与える大地の神でもあった。しかしその反面、彼は神々の特権を侵す者を厳しく処罰した。
 ゼウスという名はインド・ヨーロッパ語族にその起源をもち、元来「天空」「輝き」などの意味をもつとされる。したがって、ここから天候現象全般(雨、嵐(あらし)、雷鳴など)をつかさどる神ともなっている。その聖鳥は鷲(わし)、聖木は樫(かし)であり、しばしば稲妻と山羊皮の盾を手にもつ姿で表される。ローマ神話ではユピテルがこれにあたる。[丹下和彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゼウス
(Zeus) ギリシア神話の最高神。クロノスとレアの子。海のポセイドン、冥界のハデスと世界を三分し、天界の主神となった。手に王笏(おうじゃく)・雷霆(らいてい)を持ち、鷲を聖鳥とし、それを従えた像として描き出される。ローマ神話のユピテル(ジュピター)にあたる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ゼウス
Zeus
ギリシア神話のオリンポス12神のひとりで,最高神
インド−ヨーロッパ語で「輝き」の意。本来は天空神,雷電神。のち神々の王者となり,天界に起こる自然現象と人間界に営まれる社会現象のすべてをつかさどる神となった。メチスと交わって女神アテナ,レトと交わってアポロンとアルテミスマイアと交わってヘルメスなどをもうけた。ドドナ・オリンピア神殿が有名。英語名はジュピター(Jupiter)。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゼウスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation