@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ソテロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソテロ
Sotelo, Luis
[生]1574.9.7. セビリア
[没]寛永1(1624).7.12. 大村郊外
スペイン出身の司祭,フランシスコ会士。東洋伝道のためマニラを経て,慶長 11 (1606) 年来日。将軍家の許可を得て,江戸,府内 (現大分市) ,大坂などで布教,聖堂,コレジオを建設,浅草に癩病院を設立。伊達政宗と知合い,同 15年以降奥州で布教。政宗に貿易をすすめ,同 18年その遣欧使節支倉常長に随行し,スペイン国王,教皇見させたが (→慶長遣欧使節 ) ,貿易の計画は失敗。しばらくローマに滞在,再び日本布教を企て,元和8 (22) 年キリスト教禁令下の日本に潜入したが捕えられ,寛永1 (24) 年大村郊外で火刑。慶応3 (1867) 年殉教福者として列福。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ソテロ(Luis Sotelo)
[1574~1624]スペインのフランシスコ会宣教師。慶長8年(1603)来日徳川家康伊達政宗知遇を得て布教。遣欧使節支倉常長(はせくらつねなが)の案内役を勤め、キリシタン禁制後再度来日したが、火刑により殉死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ソテロ Sotelo, Luis
1574-1624 スペインの宣教師。
1574年9月6日生まれ。フランシスコ会司祭。慶長8年(1603)来日。各地で布教し,16年伊達政宗に仙台にまねかれる。18年政宗の遣欧使節支倉常長(はせくら-つねなが)らとスペイン,ローマにいく。元和(げんな)8年禁教令をおかして薩摩(さつま)(鹿児島県)にはいり,捕らえられ寛永元年7月12日肥前大村(長崎県)で殉教した。49歳。セビリア出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ソテロ【Luis Sotelo】
1574‐1624
スペイン人のフランシスコ会士。1594年同会に入会,東洋伝道を志し99年スペインを出発,翌年マニラに到着。同地の日本町で日本人キリシタンを指導し,日本語を学んだ。1603年(慶長8)フィリピン総督の書簡贈物を携えて来日し,徳川家康,秀忠に謁見し,その後主として和歌山,江戸で布教に従事した。09年漂着したビベロと,メキシコ貿易開設を望む家康との間に立って,通訳兼斡旋役として尽力し,仮協定を成立させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ソテロ【Luis Sotelo】
1574~1624 スペイン人宣教師。フランシスコ会士。1603年頃来日。伊達政宗に遣欧使節派遣を進言し、自ら副使として帰欧。再度の来日は鎖国令にふれ、火刑に処せられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソテロ
そてろ
Luis Sotelo
(1574―1624)
スペイン人宣教師。フランシスコ会士。日本におけるフランシスコ会宣教活動の中心人物として活躍した。1603年(慶長8)に来日、まず京都で日本語の知識に磨きをかけたのち、京都、豊後(ぶんご)府内(大分市)、大坂や江戸に布教して教会を建て、江戸浅草にハンセン病の病院を開設した。江戸、とくに本州の北部で、伊達政宗(だてまさむね)の好意を得て、宣教活動に従事した。1613年、徳川秀忠(とくがわひでただ)による江戸のキリシタン迫害で死刑を宣告されるが、政宗の嘆願で刑を免れる。同年、政宗の遣欧使節として支倉常長(はせくらつねなが)に同行、メキシコ経由でマドリードとローマに赴いた。ローマで教皇から東日本の司教に任命されたものの、反対する者があり、その任につくことはなかった。日本への帰路、マニラ総督により4年間も足止めされるが、1622年(元和8)、キリスト教禁制下の日本に向けて出航、薩摩(さつま)地方に潜入したがただちに逮捕され、2年後大村の近くで火刑により殉教した。[大谷啓治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ソテロ
(Luis Sotelo ルイス━) スペインのフランシスコ会修道士。慶長七、八年(一六〇二‐〇三)頃来日。徳川家康・伊達政宗の知遇を得て、布教を行なう。慶長一八年、政宗の遣欧使節支倉常長(はせくらつねなが)を案内してスペイン王フェリペ三世、ローマ教皇パウロ五世に謁見させた。再度の来日は鎖国令にふれ、火刑に処せられる。(一五七四‐一六二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソテロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソテロの関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)シャルル真田幸隆アンリ[3世]フランチェスコ1世[メディチ家]ベラール王国国立公園霧島湯葉アンリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation