@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ソネット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソネット
sonnet
1編が 14行から成る詩型。起源は不明だが,中世の歌謡から発展したものといわれ,14世紀のイタリアにはすでに作品の例がある。押韻の構造によって,イタリア式とイギリス式に分けられる。韻律はその言語の最も一般的なもの,たとえばイギリスでは弱強五歩格,フランスではアレクサンドランが用いられる。イタリア式ソネットは8行のオクテーブ (押韻は abbaabba) と6行のセステット (cdccdcまたは cdecde) から成り,ダンテペトラルカによって書かれ,特にペトラルカがラウラという女性を歌った一連の作品は,この形式の模範とされた。ソネットはルネサンス期のヨーロッパ全土でもてはやされたが,イギリスでは,T.ワイアットとサリー伯その他の詩集『トトル詩選集』 (1557) に現れたものが最初である。エリザベス朝では,一定の主題を扱う連作ソネットが流行したが,それらの大部分はイタリア式の押韻構造に従っていない。たとえば E.スペンサーは ababbcbccdcdee,シェークスピアは ababcdcdefefggという形を用いた。イギリス式と呼ばれるのは,このシェークスピアの形式で,四行連句を3つ重ねて最後を二行連句で結ぶところに特徴がある。ただし,これはさほど広くは用いられず,ミルトン,ワーズワスら,代表的ソネット作者は,イタリア式の構造にだいたいにおいて従った。近代以後,ソネットは以前ほど多くは書かれなくなったが,イギリスではキーツ,ブラウニング夫人,D.G.ロセッティらがすぐれた作品を残し,ボードレール,マラルメ,バレリー,リルケらも重要な作品をソネット形式で書いている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ソネット(sonnet)
ヨーロッパ叙情詩の一形式。13世紀イタリアに始まり、14行からなる。四・四・三・三、または四・四・四・二の行構成をとり、脚韻をふむ。14行詩。小曲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ソネット
フランスの筆記具ブランド、パーカーの筆記具。1994年まで製造されていた「パーカー75」のデザインを踏襲万年筆ボールペンがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ソネット【sonnet】
ヨーロッパの抒情詩における伝統的な詩型の一つ。小曲もしくは十四行詩と訳される。語源は不明だが,おそらく〈小さな歌〉ので,民間歌謡を起源とするらしいが,13世紀末ころからイタリアで定型詩として確立された。ダンテは《新生》の中で初期のソネットの作例を示すが,とりわけペトラルカがこれを多用したのが名高く,彼の影響(ペトラルキスモ)とともに,この詩型もヨーロッパ全土にひろまって,とくに恋愛詩に用いられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ソネット【sonnet】
一四行から成る定型抒情詩。近世、イタリアに始まり、ルネサンス期にドイツ・フランス・イギリスに広まった。四・四・三・三、または四・四・四・二と行分けし、技巧的な押韻をする。一四行詩。小曲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソネット
そねっと
sonnet
14行からなる代表的定型詩。13世紀イタリア民謡が原形で、その美しいメロディーによって恋歌に頻用され、とくにペトラルカ、ダンテらにより完成をみてから、ルネサンス期ヨーロッパ一円に流行。構成は4行、4行のオクターブ、3行、3行のセステットで、あわせて14行。1行は、イタリアで11音節、フランスで12音節、イギリスで10音節からなり、脚韻はペトラルカ方式では、abbaと厳しい制約がある。内容的には、一つの詩想を歌い上げ起承転結の節目正しい一つのまとまりにつくりあげる。その構成は、まず主題が出され、次に展開があり、一転して新しい詩想が導入され、エピグラム風の力ある帰結を迎える。恋愛詩が多く、数十の連作となることもある。
 ペトラルカの『カンツォニエーレ』がもっとも優美な作として知られ、フランスのロンサール、ドイツのシュレーゲルらも秀作を残している。イギリスには16世紀初期に導入され、シェークスピアによってイギリス風韻律ababがくふうされ、ミルトン、ワーズワース、キーツ、ブラウニング夫人ら後継詩人の作も多い。日本でも蒲原有明(かんばらありあけ)、上田敏(びん)らによる実験的試作があるが、日本語の押韻のない言語的性格から、ソネットはあまり発展をみていない。[船戸英夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ソネット
〘名〙 (sonetto sonnet) 一四行から成る近世ヨーロッパの抒情詩の一形式。イタリアで起こり、ルネサンス期にドイツ・フランス・イギリスに広まった。十四行詩。短詩。
※小春(1900)〈国木田独歩〉二「ソンネットの二編も読んだか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソネット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソネットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation