@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ソルン【そるん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソルン
そるん
Anders Zorn
(1860―1920)
スウェーデンの画家、版画家。南ドイツ人の醸造家の子としてスウェーデン中部のモーラに生まれる。篤志家の援助を受けて、1875年にストックホルムのアカデミーで彫刻を学び、82年からロンドンに滞在してエッチングを習得する間、まず水彩画で名をなした。88年パリに移り油絵を手がけ、選ばれて時の文化相プルーストの肖像を描き名声を得る。光のコントラストを即興的にとらえるのが巧みで、薄明の光芒(こうぼう)や水、官能的な女性などを感傷もなく描き出している。ことにエッチングは国際的評価が高い。生地にソルン美術館がある。代表作『木洩(こも)れ日の中』『夏至(げし)祭りのダンス』。[三田村右]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソルン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソルンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation