@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ソロンチャク

岩石学辞典

ソロンチャク
一般にナトリウムの塩化物または硫酸塩などの塩類が過剰に存在するのが特徴の塩性土をいい,乾燥した条件で形成される.乾燥する間に塩類が風化し土壌の表面などに形成される[Robinson : 1936, Gerasimov & Glazovskaya : 1965].狭義の塩類土で,米国ではアルカリ白土(white alkali soil)ともいう.食塩硫酸ナトリウムを主体とし,他にカリウムマグネシウムカルシウムの塩化物や硫酸塩を地表面近くに多量に含有する.反応は中性ないし微アルカリ性で,排水の良い地に生成し,高塩類濃度の地下水面からの激しい蒸発による毛管現象によって地表に灰色の塩類集積層ができる[木村ほか : 1973].白色アルカリ土壌(white alkali soils)[Robinson : 1936, Ollier : 1969].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そろんちゃく【ソロンチャク】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソロンチャク
そろんちゃく
solonchak
内陸乾燥地域の砂漠からステップ地帯にかけて、局地的排水不良の凹所に生ずる塩分の集積物からなる土壌。中央アジアの旧ソ連領域で使われていた地方語を語源とする。日本語訳はないが、アメリカではこの種の土壌をホワイトアルカリ土とよぶ。また、ソロンチャクの塩類が地下水位などの影響を受けて溶脱する過程で生ずる強アルカリ性のソロネッツとあわせて塩類土壌群とする分類法がある。外洋に流出する河川のない内陸乾燥地ではさまざまな塩類を溶かし込んだ地下水が凹地の地下に集まり、毛細管上昇して地表にナトリウム・カルシウム塩類を濃縮させる。地表から表土層にかけて塩化ナトリウムや硫酸カルシウムなどの白色沈積物が凝固し、細粒構造の発達した特有の断面形態を示す。反応は弱アルカリ性で塩分濃度が高く、土壌生成作用としては塩類化(塩類集積)作用(あるいはソロンチャク化作用)に属する。[浅海重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソロンチャク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソロンチャクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation