@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ソロー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソロー
Solow, Robert Merton
[生]1924.8.23. ニューヨーク,ブルックリン
アメリカの経済学者。 1951年ハーバード大学で博士号取得,50~54年マサチューセッツ工科大学助教授,54年準教授,58年以降正教授。ケネディ政権時に大統領経済諮問委員会のシニア・エコノミスト,経済協力開発機構の経済成長促進委員会のアメリカ代表,計量経済学会会長 (1964) ,アメリカ経済学会会長 (79) などを歴任。純粋理論,計量経済学,実践的政策論に通じた現代アメリカの最も活動的な経済学者の一人で,新古典派成長理論第一人者として,また生産関数のなかに技術の問題を初めて導入した一人として名。 87年経済成長理論への貢献によりノーベル経済学賞受賞。主著『成長理論』 Growth Theory (1970) ,R.ドーフマン,P.A.サミュエルソンとの共著線形計画と経済分析』 Linear Programming and Economic Analysis (58) ほか論文,著書多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソロー
Thoreau, Henry David
[生]1817.7.12. マサチューセッツコンコード
[没]1862.5.6. マサチューセッツ,コンコード
アメリカの随筆家,詩人。ハーバード大学卒業後,エマソンを中心とする「超絶クラブ」の一員となり,機関誌『ダイアル』に寄稿する一方,1845~47年ウォールデン湖畔に小屋を建て,ほとんど自給自足の生活をした。この実験的生活の記録が『ウォールデン──森の生活』 Walden,or Life in the Woods (1854) で,超絶主義の主張の実践として,またエコロジー思想の先駆として後世に大きな影響を及ぼした。生前に出版した著書はこのほか『コンコード川とメリマック川の一週間』A Week on the Concord and Merrimack Rivers (49) だけであったが,死後,1906年に刊行された全集は日記を中心に 20巻を数え,ほかに『全詩集』 Collected Poems of Henry Thoreau (1943) ,『書簡集』 The Correspondence of Henry David Thoreau (58) もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ソロー(Henry David Thoreau)
[1817~1862]米国の思想家・随筆家エマソンの影響を受け、その哲学を実践するためにウォールデン池畔で自給自足の生活を送った。著「森の生活」「市民としての反抗」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ソロー【Henry David Thoreau】
1817‐62
アメリカの思想家。マサチューセッツ州コンコードに生まれ,エマソンの強い影響を受けた。1837年にハーバード大学を卒業後,故郷で教職につくが,当時教育手段として普通に行われていた笞刑に反対してまもなく辞職。40年代にはいってトランセンデンタリストたちの機関誌《ダイアル》などにエッセーを発表し始める。45年夏ウォールデン池のほとりに自分で小屋を建て,以後2年2ヵ月に及ぶひとりぐらしを始める。その動機をソロー自身が主著《ウォールデン》(1854)の中で,〈慎重に生き生活の本質的な事実だけに直面したかったから〉と説明している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ソロー【Robert Merton Solow】
1924‐
アメリカの経済学者。ニューヨークに生まれ,1951年にハーバード大学で学位を受けた。1950年以降マサチューセッツ工科大学で教鞭をとる。58年から同大教授。現代アメリカを代表する経済理論家の一人であり,ケネディ大統領の経済諮問委員会のシニアエコノミストの一人としてケインズ政策の推進にも貢献した。ソローの最大の業績は,新古典派経済成長理論を創始したことにある。それは,資本と労働との間の代替を許す集計的生産関数の存在を仮定することによって,経済成長経路の不安定性を主張するハロッド=ドーマー型成長理論とは対照的に,経済が完全雇用を保ちながら均斉成長経路に長期的に収束する可能性を示した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ソロー【Robert Merton Solow】
1924~  アメリカの経済学者。巨視的生産関数を基礎に、新古典派経済成長論を創始し、成長関数に技術進歩の要因を導入した。著「成長理論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソロー【Henry David Thoreau】
1817~1862 アメリカの思想家・随筆家。エマーソンの影響を受け、ウォールデン湖畔に隠棲いんせいして自然の中の人間の姿を自らの体験を通じて凝視し「森の生活」を著す。ほかに、個人主義を唱える「市民の抵抗」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ソロー
(Henry David Thoreau ヘンリー=デービッド━) アメリカのエッセイスト、思想家。エマーソンの超絶主義の影響を受け、「非人間的で純粋な自然」を追求。政治的には、無政府主義的立場をつらぬいた。代表作「ウォールデン━森の生活」。(一八一七‐六二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ソロー
Henry David Thoreau
1817〜62
アメリカの思想家・随筆家
簡素な生活をしながら読書・思索に専念した。特にマサチュセッツ州コンコード近郊のウォールデンの湖畔で自給自足の孤独な生活を2年あまり送ったことは有名。『森の生活』(1854)は当時の記録で,やや東洋人的な人生観や自然観が盛られている。また熱心な奴隷制廃止論者であった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソロー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソローの関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation