@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ソーダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ソーダ
soda
炭酸ナトリウムの俗称。またナトリウム化合物のナトリウムをソーダに置き換えて,硫酸ソーダ (硫酸ナトリウム) ,カセイソーダ (水酸化ナトリウム) などと呼ぶことがある。正式な化学名ではないが,化学工業の分野でよく用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ソーダ【soda】
炭酸ナトリウムNa2CO3の俗称。曹達と書くこともある。頭痛(の薬)を意味するアラビア語ṣudā‘に由来。広義には炭酸ナトリウムNa2CO3またはその水和物(俗称,炭酸ソーダ),水酸化ナトリウムNaOH(苛性ソーダ),炭酸水素ナトリウムNaHCO3(重炭酸ソーダ,略称重曹)の総称。狭義には結晶ソーダ(Na2CO3・10H2O,洗濯ソーダとも呼ぶ)をさす。また,11番元素ナトリウムNaを含むことを示す意味で,硫化ソーダ酢酸ソーダ,ソーダ鉄ミョウバンのように,化合物名としてのナトリウムをソーダでおきかえて使うこともある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ソーダ
そーだ
soda

普通は炭酸ナトリウムの俗称であるが、炭酸ナトリウム十水和物(結晶炭酸ナトリウム。結晶ソーダ、洗濯ソーダともいう)Na2CO3・10H2Oに限定して用いる場合がある。また、水酸化ナトリウム(カ性ソーダ)、炭酸水素ナトリウム(重曹)などを含める場合もある。さらに、ソーダ雲母(うんも)、ソーダミョウバンのように、化合物中の成分としてのナトリウムに対して用いることもある。

[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ソーダ
ソーダ
soda

一般には,炭酸ナトリウムの略称.狭義には,結晶水をもった炭酸ナトリウム(結晶ソーダ)のこと.広義には,ソーダ工業製品のうち,炭酸ナトリウム,カセイソーダ,重曹などを一括してよぶこともある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

ソーダ【soda】

ソーダ水」の。また、炭酸水。⇒ソーダ水

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソーダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ソーダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation