@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゾエア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゾエア
zoea
十脚甲殻類のうち,直接発生のサワガニ類(→サワガニ)とザリガニ類(→ザリガニ)を除くグループの幼生。発生過程のノープリウス幼生に次ぐ時期で,クルマエビ類(→クルマエビ)とサクラエビ類(→サクラエビ)以外のエビ類,すべてのヤドカリ類カニ類ではゾエア幼生として孵化する。最も典型的なのはカニ類のゾエア幼生で,一般に額棘,側棘,背棘をもつが,これらの一部あるいは全部を欠くものもある。すでに有柄眼は完成し,8対の頭胸部付属肢が出現,分節した腹部には前方 5対の腹肢の原基が形成される。しかし頭胸部付属肢は未分化で,本来口器となる第1顎脚,第2顎脚が遊泳に使われる。付属肢の分化の程度により前期ゾエア,ゾエア,後期ゾエアに区別することがある。各付属肢は本来の機能をもつように分化し,エビ類ではミシス,カニ類ではメガロパヤドカリ類ではグラウコトエという後期幼生になり,それぞれエビ,カニ,ヤドカリに似た形になる。ヤドカリ類やカニ類ではゾエア期に通常 2~4回の脱皮を行なうが,この間約 1ヵ月間プランクトンとして浮遊生活を行なう。(→十脚類節足動物軟甲類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゾエア(zoea)
十脚類の幼生の一型。ノープリウス期を経て変態したもの。カニ類ではこの段階のころ孵化(ふか)する。有柄眼が完成し、付属肢ができてくる。プランクトンとして生活。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゾエア
〘名〙 (zoea) エビ、カニなど十脚類の幼生の一形。ノープリウス幼生よりさらに発育した段階。メガロパを経て成体となる。近海の代表的プランクトン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゾエア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゾエアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation