@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゾリンジャー=エリソン症候群【ゾリンジャー=エリソンしょうこうぐん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゾリンジャー=エリソン症候群
ゾリンジャー=エリソンしょうこうぐん
Zollinger-Ellison's syndrome
R.M.ゾリンジャーと E.H.エリソンによって 1955年に初めて報告された症候群。膵臓腫瘍からガストリン (胃液分泌作用のある消化管ホルモン) が過剰につくりだされ,治療困難な消化性潰瘍が多発する状態をいう。胃壁や十二指腸壁などに生じるガストリン産生腫瘍や過形成も,この症候群の原因となる。胃液は酸度の高いものが大量に分泌され,激しい腹痛吐血下血嘔吐重症の下痢などの症状を伴う。空腹時の血中ガストリン値が正常者の約 10倍以上にも達する。治療は腫瘍摘出が必要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゾリンジャーエリソンしょうこうぐん【ゾリンジャー=エリソン症候群 Zollinger‐Ellison syndrome】
膵臓や胃・十二指腸壁に発生したガストリンを産生する細胞の腫瘍(ガストリノーマ)によって起こる疾患。1955年にアメリカの外科医ゾリンジャーR.M.ZollingerとエリソンE.H.Ellisonが初めて症例を報告したのでこの名がつけられた。高ガストリン血症,胃酸分泌亢進,難治性の消化性潰瘍がみられるのが特徴で,そのために腰痛,下痢,吐血,下血などの症状を呈する。潰瘍はしばしば,普通はみられない十二指腸球部より下位に発生し,また穿孔(せんこう)を起こす頻度が高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ゾリンジャー=エリソン症候群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゾリンジャー=エリソン症候群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation