@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゾンマーフェルト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゾンマーフェルト
Sommerfeld, Arnold (Johannes Wilhelm)
[生]1868.12.5. ケーニヒスベルク
[没]1951.4.26. ミュンヘン
ドイツの理論物理学者。ケーニヒスベルク大学卒業後,ゲッティンゲン大学助手を経て,クラウストハル (1897) ,アーヘン (1900) で数学を教え,ミュンヘン大学教授 (06~40) 。X線やγ線に強い関心を示し,原子スペクトルの研究から,N.ボーア原子模型における電子軌道を楕円に修正することを提唱,それに基づいて方位量子数,さらに磁気量子数を導入した。これによってスペクトル線の微細構造が明らかになった。また量子力学の重要な建設者の1人でもあり,金属電子論にも大きな貢献をなした。 W.パウリ,W.K.ハイゼンベルクなどの優秀な弟子を育てる一方,『原子構造とスペクトル線』 Atombau und Spektrallinien (1919) ,『理論物理学講座』 Vorlesungen über theoretische Physik (42) などの各国語に訳された教科書によって世界中の物理学者に量子論を普及させた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゾンマーフェルト【Arnold Johannes Wilhelm Sommerfeld】
1868‐1951
ドイツの物理学者。東プロイセンのケーニヒスベルクの生れ。1886年,ケーニヒスベルク大学に進み数学を専攻,卒業後,93年10月から1年間ゲッティンゲン大学の鉱物学研究所の助手を務め,次の2年間はC.F.クラインの助手となるが,この間にクラインの影響を受け数理物理学への関心が強まった。97年10月からクラウスタールの鉱山大学の数学教授となり,電磁波の伝搬X線回折についての境界値問題を研究,またクラインと共著で《こまの理論》(1897‐1910)を出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゾンマーフェルト【Arnold Sommerfeld】
1868~1951 ドイツの理論物理学者。コマの理論・ X 線回折などのほか、ボーア原子論の拡張、水素原子スペクトルの微細構造の理論などが著名である。金属電子論にも貢献。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゾンマーフェルト
ぞんまーふぇると
Arnold Johannes Wilhelm Sommerfeld
(1868―1951)
ドイツの理論物理学者。ケーニヒスベルク(現、ロシア領カリーニングラード)に生まれ、ゲッティンゲン大学に学んだ。1895年同大学私講師となり、1906~1945年ミュンヘン大学理論物理学教授。
 ボーアは1913年にプランク、アインシュタインのエネルギー量子の考え方を長岡‐ラザフォードの原子模型に持ち込み、水素原子が放出・吸収する光の波長を説明するのに成功したが、ボーアの理論では、原子内の電子は、古典的な軌道のうち、特定の条件(量子条件)を満たすものだけをとるとされた。
 一方、ゾンマーフェルトは、量子条件を水素原子という特定の対象だけでなく、一般の物理系にも適用できるように拡張した(1914)。この研究は、当時日本から留学中であった石原純(あつし)によっても行われた。さらにこの一般化された量子条件を、ボーアの理論には含まれていなかった原子内電子の楕円(だえん)軌道計算に応用して成功した。これらの研究は、古典力学から量子力学への過渡的な理論であった前期量子力学の基本的な柱を築くものとなった。このほか、ゾンマーフェルトの研究には、X線スペクトルや金属の電子論に関するものもある。1942年、力学をはじめ6巻に及ぶ体系的な教科書を執筆したが、これは古典的物理学のもっとも整った教科書の一つとして絶賛を博し、各国語に翻訳されて今日も広く用いられている。[山崎正勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゾンマーフェルト
(Arnold Sommerfeld アーノルト━) ドイツの物理学者。ミュンヘン大学教授。ボーアの原子構造論を発展させ、X線、スペクトル線との諸関係を解明、金属の電子論の研究など量子論の発展に貢献。主著「原子構造とスペクトル線」「理論物理学講義」。(一八六八‐一九五一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゾンマーフェルト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゾンマーフェルトの関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation