@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゾーリンゲン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゾーリンゲン
Solingen
ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の工業都市。ジュッセルドルフ東南東約 20km,ライン川支流ウッパー川にのぞむ。付近一帯では中世から鉄を産し,刀剣が生産されていたが,その伝統を生かし,現在でも刃物 (ナイフかみそりなど) が市の工業生産の中心で,世界的に知られる。機械器具,鋳造,電気器具などの工業もある。第2次世界大戦で破壊されたが,広い通りと公園のある町として再建され,森と農場に囲まれる。人口 16万992(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゾーリンゲン(Solingen)
ドイツ西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州の工業都市。中世より刃物工業が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゾーリンゲン【Solingen】
ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州の工業都市。人口16万6000(1995)。都市権を獲得したのは15世紀のことだが,すでに13世紀より刀剣鍛冶の中心地として知られた。ブッパーWupper川の水力森林,隣接ジーガーラントの鉄鉱石に恵まれ,1600年ころには当市の刀剣鍛冶は全ヨーロッパ的名声を博するにいたった。16世紀にはナイフ,18世紀には食器,はさみの生産も開始され,今日ではひげ剃器,医療器具等も含めてあらゆる種類の刃物が生産され,その販路は全世界に及ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゾーリンゲン
(Solingen) ドイツ中西部、ルール地方の工業都市。ライン川の支流ブッパー川に沿う谷にあり、中世から刃物の産地として知られ、ゾーリンゲンかみそりは特に著名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゾーリンゲン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゾーリンゲンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation