@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タイセイ

日本の企業がわかる事典2014-2015

タイセイ
正式社名「株式会社タイセイ」。英文社名「TAISEI CO., LTD」。卸売業。平成10年(1998)設立本社は大分県津久見市大字上青江。食品資材販売会社。小規模菓子・パン製造販売店向けにケーキ箱・容器包装紙などを通信販売。鮮度保持剤も扱う。東京マザーズ・福岡Q-Board上場。証券コード3359。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイセイ
正式社名「株式会社タイセイ」。英文社名「Taisei inc.」。製造業。昭和48年(1973)「フジレベラー中央販売株式会社」設立。同49年(1974)「タイセイ商工株式会社」に改称。平成21年(2009)現在の社名に変更。本社は東京都新宿区西新宿。建築資材メーカー。目地材・アルミ屋根材・防水仕上げ材などを製造。屋上緑化システムも手がける。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タイセイ
たいせい / 大青
[学] Isatis indigotica Fortune

アブラナ科の多年草。中国原産。葉に藍(あい)色染料のインジゴindigoを含み、タデ科のタデアイなどとともに、染料植物の一つである。茎は直立し、高さ90センチメートル。葉は粉白緑色で互生し、長楕円(ちょうだえん)形で、基部は耳状で茎を抱く。初夏、枝先に総状花序を出し、小さな黄色の十字花を多数つける。果実は軍配団扇(うちわ)状で、1個の種子がある。かつて栽培されたが、収量が低いため今日ではほとんど用いられていない。近縁種のホソバタイセイはヨーロッパや西南アジア原産の二年草。その栽培品種の葉は野生種に比べるとやや広く、タイセイほどではないがかつてはかなり栽培された。

[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイセイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タイセイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation