@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タイプ【たいぷ】

デジタル大辞泉

タイプ(type)
[名](スル)
型。型式。「古いタイプの機械」
人間を何らかの基準で分類して、その共通する特性をとりだした型。「理想のタイプの人」「芸術家タイプ
タイプライター」の略。
タイプライターを打ち印字すること。「書類をタイプする」
模式標本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

タイプ
〘名〙 (type)
① 型。型式。また、複数の物・人・事物について、ある類似性を持っていることによって分類された型。
※覚書(1875‐78頃)〈福沢諭吉〉「タイプとアダプテーションの両説相合して生物学の進歩をなしたり」
※むらぎも(1954)〈中野重治〉六「築地小劇場で〈略〉新しい芸のタイプを見せた」
② (語素的に用いて) 多く商品について、…のような性質を備えているということを表わすのに用いる。「スポーツカータイプの車」
③ (━する) 「タイプライター」の略。また、タイプライターで印字すること。
※日本脱出記(1923)〈大杉栄〉日本脱出記「ほんのただ十行ばかり、タイプで打ってある」
※風媒花(1952)〈武田泰淳〉一「紫色の文字をタイプした細長いすべすべした紙が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タイプの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation