@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タイム【たいむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

タイム(香料植物)
たいむ
thyme
[学]Thymus vulgaris L.
シソ科の小低木。南ヨーロッパ原産の香料植物。潮風を受ける乾燥した海岸丘陵地に適し、南ヨーロッパで栽培されている。茎は地をはい、直立した枝は高さ30センチメートルほどで、5~7ミリメートルの披針(ひしん)形の葉を多くつける。夏、枝先に淡紅紫色の小花が群がって開く。葉や若い枝、花などに強い芳香があり、和名をタチジャコウソウ(立麝香草)、またはキダチヒャクリコウ(木立百里香)という。芳香の精油成分はチモール、シメン、ピネン、リナロールなどである。ハーブ(香草)として古くから有名で、食品の香料や防腐剤として、薬品の原料や香料として利用されている。日本へは明治時代に渡来し、観賞用として花壇で栽培されている。[星川清親]

食品

主産地はフランス、スペイン、ポルトガル、ギリシアであるが、アメリカで栽培されているものには葉の細いフレンチタイムと、葉の形のさまざまなレモンタイムがある。葉を乾燥させたものが香辛料として用いられ、芳香が非常に特徴的で、独特の薬味臭と舌をしびれさすような辛味がある。したがって、薬味としてハマグリや魚のチャウダーに用いたり、ソーセージ、肉や食鳥用のグレービーソース、フィッシュソース、フレッシュトマト、リキュールのベネディクティンの風味づけに使われる。ヨーロッパでは、昔からタイムには人間の能力を高める力があるといわれており、勇気と大胆さのシンボルともされ、「あなたはタイムの香りがする」ということばはその人に対する最高の賛辞として用いられた。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タイムの関連情報

他サービスで検索

「タイム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation