@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タイラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タイラー
Theiler, Max
[生]1899.1.30. プレトリア
[没]1972.8.11. ニューヘーブン
アメリカの微生物学者。牛疫,アフリカ馬疫など獣医学,熱帯病学にすぐれた業績を残した A.タイラー卿 (1867~1936) の子。ロンドンのセントトマス病院と公衆衛生・熱帯医学校で医学教育を受けたのちアメリカに渡り,1922~30年ハーバード大学講師,30年ロックフェラー財団研究部長,同財団実験所長,51年同研究所医学部長,公衆衛生部長。感染症,特に黄熱を研究し,黄熱ワクチンを開発した。その功績により 51年ノーベル生理学・医学賞を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー
Tyler, John
[生]1790.3.29. バージニア,チャールズシティー
[没]1862.1.18. バージニア,リッチモンド
アメリカの政治家。第 10代大統領 (在任 1841~45) 。法律家として活躍したあと,バージニア州議会議員 (11~16,23~25,39) ,連邦下院議員 (17~21) ,バージニア州知事 (25~27) ,連邦上院議員 (27~36) を歴任。民主党綱領をめぐって A.ジャクソンと決別してからホイッグ党に加わり,1840年 W.ハリソンの副大統領として当選,翌年4月4日のハリソンの死によって史上初めて副大統領から大統領に昇任就任後は,民主,ホイッグ両党から離れ,独自の立場を取った。彼の在任中,テキサス併合 (45) と海軍の再編成が目立った。強力な州権論者であったが,南北戦争直前には南北の妥協に努力し,それが失敗に終るとバージニアの連邦からの脱退を主張。南部連合の下院議員に当選したが,議会開会前に死亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー
Tyler, Moses Coit
[生]1835.8.2. コネティカット,グリスウォルド
[没]1900.12.28. ニューヨーク,イサカ
アメリカの歴史家。思想文化史研究の先駆者。 1867年ミシガン大学英文学教授に就任,のち 81年コーネル大学でアメリカ最初のアメリカ史教授となった。「アメリカ歴史協会」の設立者 (1884) 。主著『植民地時代アメリカ文学史』A History of American Literature During the Colonial Time (78) ,『アメリカ革命文学史』 The Literary History of the American Revolution,1763-1783 (2巻,97) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー
Tyler, Royall
[生]1757.7.18. ボストン
[没]1826.8.26. バーモント,ブラトルボロ
アメリカの法律家,劇作家,小説家。ハーバード大学に学び,法律家となり,バーモント州最高裁判所長官 (1807~13) ,バーモント大学教授 (11~14) をつとめた。かたわら創作活動を活発に行い,アメリカ人の手になる最初の喜劇対照』 The Contrast (1787) を発表して成功。これはイギリスとアメリカとの風俗習慣の違いを描いた風刺劇で,ヤンキー気質を初めて舞台に取上げたという意味で注目に値する。ほかに小説『アルジェ捕囚』 The Algerine Captive (97) ,架空の書簡集『ロンドンのヤンキー』 Yankey in London (1809) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー
Tyler, Wat (Walter)
[生]?
[没]1381.6.15. ロンドン
1381年のイギリス農民一揆の指導者。人頭税に反対し,封建的圧制の廃止を求めるケント農民を指導して6月7日蜂起。エセックス,イーストアングリアの農民も加わって大勢力となる。6月 10日カンタベリーを襲い,次いでロンドンに迫り,6月 14日マイルエンドで国王リチャード2世に会見して要求を提出,その譲歩の約束を得た。しかし翌 15日スミスフィールドでさらに急進的な綱領を掲げて再び国王と会見した際,国王側の計略にかかってロンドン市長 W.ウォルワースに殺され,一揆も急速に鎮定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー
Tylor, Sir Edward Burnett
[生]1832.10.2. ロンドン
[没]1917.1.2. ウェリントン
イギリスの文化人類学者。クェーカー教徒の家に生れ,トッテンハムの宗派学校を卒業。 1883年オックスフォード大学博物館に勤務。 84年同大学講師,96年オックスフォード大学の人類学初代教授。アメリカ,メキシコを旅行したのち,経験主義的立場から人類文化の発展を研究し,文化残存によるアニミズムの理論をはじめ比較文化調査による理論を発表した (→進化主義人類学 ) 。タイラーによる「文化」「言語」「宗教」の定義は,今日まで人類学の基礎となっている。イギリス学士院会員。 1912年にナイトに叙せられた。主アナワク』 Anahuac; or,Mexico and the Mexicans Ancient and Modern (1861) ,『原始文化』 Primitive Culture (71) ,『文化人類学入門』 Anthropology: An Introduction to the Study of Man and Civilization (81) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー
Tyler
アメリカ合衆国,テキサス州北東部の都市。ダラスの東南東約 140kmに位置する。その名はアメリカ大統領 J.タイラーに由来。農業地域の中心地であったが,1930年の東テキサス油田の発見以後,多くの石油会社が進出,急激な人口増加をみた。農業は綿花,トウモロコシ,花卉などを産し,特にバラの生産量が多い。石油精製および軽工業が発達。私立テキサス大学,タイラー州立公園,市立バラ園などがある。 10月のタイラーバラ祭や9月の東テキサス博覧会は有名。人口7万 5450 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タイラー(Edward Burnett Tylor)
[1832~1917]英国の人類学者。初めて文化の概念を確立し、諸文化の比較研究を可能とした。また、宗教の起源をアニミズムであるとし、進化説を展開。人類学の父とよばれる。著「原始文化」「人類学」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー(John Tyler)
[1790~1862]米国の政治家。第10代大統領。在任1841~1845。無所属。第9代大統領のハリソンが在任中に病死したため、副大統領から大統領に就任。テキサス併合や海軍の再編を成し遂げた。→ポーク

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タイラー【Edward Burnett Tylor】
1832‐1917
イギリス生れの進化主義人類学者。父はクエーカー教徒で真鍮鋳物師であった。16歳のときロンドンの工場の事務員となり,高等教育は受けなかったが,20代前半に結核転地療養のためのアメリカ,キューバへの旅を契機に,文化への関心を深めた。キューバ旅行の体験に基づいて,《アナウァク――古代および現代メキシコ人》を1861年,29歳のときに発表し,この体験と着想をさらに学問的に深めて65年には《人類の原初史および文明発達に関する研究》を著した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

タイラー【John Tyler】
1790‐1862
アメリカ合衆国第10代大統領。在職1841‐45年。同名のバージニア州知事判事次男。1816年以後,連邦上下両院議員,知事等を歴任。41年副大統領就任直後,W.H.ハリソン大統領の死亡により,アメリカ史上初めて副大統領から大統領に昇格した。同年9月合衆国銀行再建法に対する拒否権行使で与党ホイッグ党の支持を失い,44年テキサス併合条約締結後第三党結成に失敗,再選を断念し引退した。しかし南北戦争中,生涯の堅固な南部州権論を貫きアメリカ南部連合の議員となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

タイラー【Edward Burnett Tylor】
1832~1917 イギリスの人類学者。オックスフォード大学人類学講座初代教授。宗教の進化を説いた。著「原始文化」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

タイラー
(Sir Edward Burnett Tylor サー=エドワード=バーネット━) イギリスの人類学者。未開民族の研究により人類文化の進化法則を明らかにし、比較人類学の基礎を確立。また、宗教の起原に関してアニミズムを提唱した。「人類学の父」と呼ばれる。主著「原始文化」。(一八三二‐一九一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

タイラー

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タイラーの関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアチェレプニンパテルノストロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation