@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タイ
Tye, Christopher
[生]1500頃
[没]1573
イギリスの作曲家。 1511年頃ケンブリッジ大学,キングズ・カレッジの聖歌隊一員であったと思われる。 36年ケンブリッジ大学音楽学士号を取得。 41年または 42年イーリー大聖堂の合唱長に就任。 45年音楽博士号をとり,48年にはオックスフォード大学の音楽博士となった。その間エドワード6世の皇太子時代の音楽教師もつとめた。イギリス教会がローマ・カトリックからアングリカン・チャーチに移行した時代の重要な作曲家で,作品は4声部の『使徒行伝による聖歌集』 Acts of the Apostles (1553) ほか,モテト,アンセムなど多数ある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイ
Thailand
正式名称 タイ王国 Ratcha Anachak Thai。
面積 51万3120km2
人口 6795万6000(2014推計)。
首都 バンコククルンテープ)。

インドシナ半島の中央部にある立憲君主制の国。大部分が熱帯サバナ気候で,雨季(5~10月)と乾季の降水量の差が大きい。マレー半島にある南部は熱帯雨林気候。地形はほぼ 4地域に大別される。中心をなすのはチャオプラヤー川沖積平野で,中央タイと呼ばれ,肥沃な土壌と網目状の河川,運河により穀倉地帯をなす。北タイは,その北方にある山地で,チャオプラヤー川の上流をなす諸河川の谷や盆地で農業が行なわれ,もち米,トウモロコシ,綿花が主産物。チーク材(→チーク)の切り出しが盛んであったが,環境保護のため伐採および輸出が禁止された。東北タイは中央平野の東方にあるコラート高原を占め,ジュート,ケナフなど繊維作物の栽培と牧畜が盛ん。南タイはマレー半島部で,天然ゴム,スズの産地。漁業は沿岸,淡水ともに盛ん。年降水量は西海岸で 4000mm。工業は 1970年代以降それまでの米,野菜,ゴム,トウモロコシなどの 1次産品の輸出に加えて,衣類,機械類など工業製品の輸出の比重が高まった。輸入も消費財が減り,工業生産用の原材料,原油などが増加した。農業も灌漑面積の拡張や品種改良により生産が増大している。1980年代後半から外国の投資が増加し急速な経済発展を遂げたが,その後バブル経済の様相を呈し,1997年の変動為替相場制度への移行を契機に通貨が大幅に下落,経済危機を迎えた(→アジア通貨危機)。住民はシャム族ラオ族を主体として人種的,文化的に一体化が進んでおり,タイ語を用いる仏教徒が大部分。中国人はおもに都市に住んで経済的に大きな力をもち,南部にはイスラム教徒のマレー人も多い。東南アジア諸国連合 ASEAN原加盟国。(→タイ史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイ

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タイ(tie)
ネクタイ。「アスコットタイ
競技・試合などで、得点や記録が相手または他の競技者と同じであること。「スコアをタイに持ちこむ」
楽譜で、同じ高さの二つの音符を結ぶ弧線。両音符は間に切れ目のない1音として演奏される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

タイ
 スズキ目タイ科の重要な食用海産魚.マダイ(Japanese red sea bream, porgy)[Pagrus major],チダイ(crimson sea bream)[Evynnis japonica],ヒレコダイ(cardinal sea bream)[Evynnis cardinalis],キダイ(yellow sea bream)[Dentex tumifrons],クロダイ(black sea bream)[Acanthopagrus schlegeli],ヘダイ(silver bream, tarwhine)[Sparus sarba],キチヌ(yellowfin sea bream)[Acanthopagrus latus].また,スズキ目イシダイ科の海産魚,イシダイ(striped breakperch, rock bream, knifejaw, parrotfish)[Oplegnathus fasciatus],イシガキダイ(spotted parrotfish)[Oplegnathus punctatus]などがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

タイ

《栄養と働き》


 姿・色・味がよく、長寿であること、多産であること、また「めでたい」の語呂あわせから、日本の祝い事には欠かせない高級魚です。
 日本周辺でとれるタイはマダイ、チダイ、キダイ、クロダイ、ヘダイ、ヒロコダイなどがありますが、ふつうタイといえばマダイを指します。
 近年は世界各地のタイが市場に出回っています。また養殖ものも多く、天然ものに出会う機会はそう多くないのが現状です。
○栄養成分としての働き
 マダイはタイの仲間では最大級の種類で、まさに王様。脂質が少なく栄養価の高いたんぱく質を含み、消化吸収がよいので、高齢者や離乳食の子ども、生活習慣病、胃弱、肥満、糖尿病、心臓病などの人に最適です。
〈各種ビタミン、ミネラルが疲労回復、美肌に働く〉
 ビタミン、ミネラルも含まれます。ビタミンB1は、糖質の代謝を促進し、エネルギーにかえ、食欲を増進します。疲労感がぬぐえない人や食欲不振になったり夏負けしやすい人は積極的に摂取したいビタミンです。ナイアシンは、胃腸の働きをよくしたり、血行をよくします。皮膚の弱い人、胃腸障害のある人、二日酔いの人、手足が冷える人にはおすすめです。
 B2は、過酸化脂質の害から体をまもり、動脈硬化、脳卒中(のうそっちゅう)などの生活習慣病を予防するほか、口内炎(こうないえん)や目の充血、肌荒れなどのトラブルも緩和します。カリウムは、ナトリウムとともに水分を引きつけて細胞の浸透圧を維持するとともに、ナトリウムによる血圧上昇を制御します。また筋肉の収縮を円滑にする働きがあります。調理のときに薄味に仕上げないと、カリウムをとる意味がないので、減塩を心がけなければいけない人は、刺身などもポン酢で食べるといいでしょう。
 ほかに、タウリンも豊富に含みます。タウリンは、疲労をやわらげるとともに、脳神経の賦活(ふかつ)作用や視力の回復、肝臓病の予防に効果的です。
 なお養殖のタイには、ビタミンEも多く含まれています。
○注意すべきこと
 まれに、アニサキスの幼虫が寄生していることがあります。また、体調が悪いときは、刺身で食したり、多食するのを避けるよう心がけてください。

《調理のポイント》


 タイの旬(しゅん)は、種類によって異なります。マダイは秋から冬、クロダイやチダイは夏です。
 マダイは、体が赤~桃色で腹部が銀白色、目の上が青色で、尾びれのうしろの縁の部分が黒く、身のひきしまったものが極上もの。養殖ものは、体の色が黒ずみ、尾びれの真ん中が折れています。輸入ものは、体が少し細めで体の色つやがよく、目の大きいのが特徴です。
 タイはうまみ成分のイノシン酸が分解されにくいので、鮮度が落ちても味が落ちません。そのため「腐ってもタイ」といわれますが、細菌は繁殖するので、鮮度が落ちたものは火をとおしたほうがいいでしょう。
 調理は、刺身にするのが最高の食べ方ですが、塩焼き、昆布じめ、ちり鍋にしてもおいしくいただけますし、頭はかぶと焼き、かぶと煮、アラはあら炊きとして用いられます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版

タイ【Thailand】
正式名称=タイ王国Prathet Thai∥Kingdom of Thailand面積=51万3115km2人口(1996)=6000万人首都=バンコクBangkok(日本との時差=-2時間)主要言語=タイ語通貨=バーツBaht東南アジアの大陸部中央に位置する立憲君主制の独立国。1939年まではシャムSiamと呼ばれていた。国土はタイ(シャム)湾とアンダマン海に面し,東はメコン川を隔ててラオスと,南東はカンボジアと接している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

タイ
〘名〙 (tie)
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉雪のやどり「さて真黒な燕尾服(ドレッス)にオペラハット、真白な襟飾(タイ)に真白な手袋」
② 西洋音楽で、同じ高さの二音を結ぶ譜面上の弧線。この場合、二音を連続した一音として演奏することを示し、その結果、強拍と弱拍の位置が入れかわるときは、シンコペーションを生じる。〔外来語辞典(1914)〕
③ 運動競技で得点が等しいこと。対戦者同士の得点が等しいこと。同点。また、記録が、過去の記録と等しいこと。〔モダン用語辞典(1930)〕
※自由と規律(1949)〈池田潔〉スポーツマンシップということ「第一日目に彼は百二十三点を獲得して、この大記録をタイした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

タイ
Thai
インドシナ半島のほぼ中央部を占める王国。旧称シャム。首都バンコク
19世紀欧米諸国のアジア進出の状況の中で,イギリス・フランス両国の緩衝地帯となり,植民地化をまぬかれた。1932年人民党により無血革命が成功し,立憲君主国となり(タイ立憲革命),39年国名をシャムからタイとし,45年シャムに戻したが,49年には再びタイに改めた。第二次世界大戦後は武断派と文治派との抗争がくり返されたが,1959年のクーデタで武断派が政権を握った。しかし,軍事政権の弾圧政策に学生・民衆の不満が高まり,1973年10月にはタノム内閣を総辞職に追い込み,民主化への道を開いたが,76年軍部のクーデタで右派内閣に交代した。以後も軍部の政治介入と政治の民主化をめぐる動きが繰り返されている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タイの関連情報

関連キーワード

バーナード ラガトシャニー デービスシャニー デービスグラント ハケットエルベン ベンネマルスイレイン ブストデニー モリソンシンディ クラッセンシンディ クラッセンマルク タイテルト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation