@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タウナギ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タウナギ
Monopterus albus
ウナギ目タウナギ科の魚。全長 1m。体は細長く,ほぼ円柱状で,尾部後端はとがる。眼はきわめて小さい。鰓孔は体の下面にあり,左右が一つになって 1個の裂孔をつくっている。胸鰭腹鰭をもたない。本州各地(移入),中国,マレー半島,東インド諸島に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タウナギ
たうなぎ / 田鰻
swamp eel
[学]Monopterus albus
硬骨魚綱タウナギ目タウナギ科に属する淡水魚。東南アジア諸国、中国、朝鮮半島南部に広く分布する。日本には中国大陸から移入され、関東地方以西に局部的に分布し、とくに近畿地方に多い。目が小さく、背びれや臀(しり)びれが未発達で、胸びれ、腹びれ、鱗(うろこ)がまったくなく、一見ヘビを思わすのでカワヘビの名もある。体は粘液で覆われ、背面は黄褐色、腹面はオレンジ色、暗褐色の斑紋(はんもん)または斑点が散在する。全長80センチメートルになる。南西諸島のものは、環境省のレッドリスト(2013)で、ごく近い将来における野生での絶滅の危険性がきわめて高い、絶滅危惧A類に位置づけられている。
 水田や池、川にすみ、夜間に昆虫や小魚、底生動物を食べる。退化的なえらによっても呼吸をするが、皮膚や食道の呼吸補助組織によって空気呼吸をするので、溶存酸素の少ない水中や乾燥にもよく耐える。乾燥した田の1~2メートル下から生きて掘り出されたこともある。多くは性転換をし、34センチメートル以下は雌、46センチメートル以上(4歳魚)はすべて雄である。しかし、少数のものは初めから雄であり、12センチメートルで成熟する。水田の畔(あぜ)に穴をあけてすむ習性があり、水を漏らすので嫌われる。しかし、国によっては食用や造血用の薬物として珍重される。[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タウナギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タウナギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation