@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タウンミーティング

デジタル大辞泉

タウン‐ミーティング(town meeting)
政治家や閣僚などが一般市民に対して行う対話型の集会
[補説]本来は、米国の一部で採用されている地方自治制度の名称。有権者全員が集まり、行政立法などに直接参加するもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

タウンミーティング
小泉内閣発足後、当時の竹中経済財政担当相が「抵抗勢力に対抗する唯一の力は世論」と小泉首相に進言してスタートした。現職閣僚らが全国各地で国民と直接対話を重ねることで、国の政策への理解を求め、国民が政策づくりにかかわる機運を盛り上げることをめざした。01年6月から今年9月まで、全都道府県で計174回開催され、のべ6万8千人が参加。郵政民営化や地域再生などその時々の「」のテーマを中心に取り上げ、今年度は、教育改革をはじめ道州制、少子化などで計19回開かれた。安倍内閣ではまだ開かれていない。
(2006-11-10 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

タウンミーティング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タウンミーティングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation