@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タウン誌【タウンシ】

デジタル大辞泉

タウン‐し【タウン誌】
都市の一定地域での催し物や生活情報などを掲載した雑誌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タウンし【タウン誌 city magazine】
ある特定都市を活動範囲とし,独自の取材・編集・配布網をもつ,原則として有料の一般雑誌のこと。アメリカ,カリフォルニアゴールドラッシュ(1849)のときがその草創であるといわれるが,著名なものでは1925年の《ニューヨーカーThe New Yorker》がその嚆矢(こうし)と考えられている。また《サン・ディエゴ・マガジン》(1948)で新しいシティ・マガジンのスタイルが確立され,《ニューヨーク・マガジン》(1968)以後,アメリカ各都市で本格化する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タウン誌
タウンし
都市や都市圏など特定の小さい地域に対象を絞った刊行物。タウン情報誌ともいい,形式は雑誌,フリーマガジン(→フリーペーパー)などで,一定の期間で継続的に発行される。内容は地域に密着した話題や生活情報が中心で,地域周辺在住者はもとより,観光客の需要も見込まれる。発行元はほとんどが地方で設立された出版社で,取材,編集,広告制作業務(→広告),販売,配布も地方を拠点として行なわれる。アメリカ合衆国で 1925年に創刊された週刊誌ニューヨーカー』が,特定都市の娯楽や社会文化活動の情報を中心に扱ったタウン誌のさきがけとされる。日本では 1970年代頃広まったが,首都圏や大都市に対する地方特有の文化活動を支えようという個人のフロンティア精神で創刊したものも多く,マス・メディアに対するミニコミ性質は今日もその基盤となっている。近年は地方以外にも販売網をもつものが増えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タウン誌
たうんし
city magazine

地域内情報誌。その歴史は、アメリカでは1834年にグリーリーが創刊した『ニューヨーカー』にさかのぼると考えられる。日本では大正時代、神戸に『神戸っ子』というリトル・マガジンがあったようであるが、詳細はわからない。タウン誌が社会に定着したのは1970年(昭和45)前後からである。

 従来の雑誌ジャーナリズムと異なるのは、地方都市に発行所を置き、その周辺を取材し、広告主や読者もそのエリアにほぼ限定する。また発売・配布網も従来の出版取次と次元を異にし、書店のほか、ホテル、レストラン、プレイガイド、コーヒーハウスなど、ありとあらゆる地域の店や場所が読者との接点になる。当然そこをルートとする取材、読者からのアクセス(接近)もある。広告主もエリア内におもに開拓され、エリア内ではもっとも高密度の雑誌である。ただ内容が娯楽を除いて地域的なため、政治・社会問題から乖離(かいり)する傾向がある。

 対象の地域(主として都市)の情報を掲載しているところから、旅行客に有用で、旧社会主義国など観光客を誘致している社会で活況を呈している。ただ、資本、経験とも弱体なので新陳代謝も激しい。

[田村紀雄]

『田村紀雄著『アメリカのタウン誌』(1981・河出書房新社)』『田村紀雄編『大学生の見たメディアのアントレプレナ(起業家)』(1997・NTTメディアスコープ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

タウン‐し【タウン誌】
〘名〙 都市を中心に地域の生活情報をもりこんで発行される雑誌の総称。
※唐獅子株式会社(1978)〈小林信彦〉唐獅子生活革命「市販するなら、もっとタウン誌としての性格を持たせないと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タウン誌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タウン誌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation