@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タガンログ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タガンログ
Taganrog
ロシア南西部,ロストフ州の都市。州都ロストフナドヌーの西約 60km,アゾフ海タガンログ湾にのぞむ港湾都市。 1698年ピョートル1世により要塞軍港が建設されたことに始り,19世紀に穀物積出港として発展ドンバス (ドネツ炭田) の南にあり,現在その炭田と工業地帯の積出として重要。また鉄鋼 (鋼板,鋼管) ,機械 (ボイラコンバイン鍛造・プレス設備) ,船舶修理,皮革,家具,食品などの工業が行われる。教育,ラジオ技術の各大学がある。チェーホフ生地で,その生家は現在記念博物館となっており,チェーホフ劇場もある。人口 25万7692(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タガンログ(Taganrog/Таганрог)
ロシア連邦南西部、ロストフ州の都市。アゾフ海のタガンログ湾に面し、港湾を有す。18世紀末、ピョートル1世がロシア艦隊の軍港を建設したことに起源する。その後、オスマン帝国占領を経て、エカチェリーナ2世の時代にロシア領になった。19世紀に小麦などの積み出し港として発展。小説家・劇作家チェーホフの生地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タガンログ【Taganrog】
ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアの南西部,ロストフ州の都市。アゾフ海のタガンログ湾北岸に位置する。人口29万2000(1993)。旧名トロイツク・ナ・タガンロゲTroitsk na Taganroge。ピョートル1世が1698年,海軍基地として創設したが,セバストポリ建設後,基地としての意義は失われた。19世紀には穀物輸出港として栄えた。現在,鉄鋼,高圧ボイラー,コンバインなどが生産され,チェーホフの生家が博物館になっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タガンログ
たがんろぐ
Таганрог/Taganrog

ロシア連邦南西部、ロストフ州の都市。人口28万7600(1999)。アゾフ海の北東、タガンログ湾の奥に位置し、ドネツ工業地帯を控えた重要な港湾を有する。鉄道によりドネツク、ロストフと結ばれる。ボイラー、コンバイン、鍛造やプレス用機械、皮革、食品などの工場がある。1860年に当地で誕生したA・チェーホフの生家記念館、郷土博物館が置かれている。市は1698年にピョートル1世の勅命によって建設された軍港から発達したもので、1775年に市制を敷いた。19世紀に小麦などの輸出港となり、製粉所や食品加工施設が集まった。

[渡辺一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タガンログ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タガンログの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation