@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タキツス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タキツス
Tacitus, Cornelius
[生]56頃
[没]120頃
ローマの歴史家。修辞学を学び,軍団司令官,財務官,法務官を歴任,4年間の地方勤務 (90~93) から帰ってドミチアヌス帝の恐怖政治を経験。 97年,ネルウァ帝のもとで執政官。『雄弁家についての対話』 (通称『対話』) Dialogus de Oratoribusはおそらく青年期の作。岳父の伝記『アグリコラ伝』 De Vita Julii Agricolae (98) はブリタニア地誌を兼ね,『ゲルマニア』 Germania (98) は堕落したローマへの警告を含む。代表作は 14~96年の歴史を扱った『同時代史』 Historiae (104~109) と『年代記』 Annales (115~117頃) 。その文体キケロと白銀時代の両極端の間に位置づけられるが,簡潔にして含蓄に富む独自の世界を形づくっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タキツス
Tacitus, Marcus Claudius
[生]200頃
[没]276.3/4. カッパドキア,チュアナ
ローマ皇帝 (在位 275~276) 。老齢,富裕の元老院議員だったが,アウレリアヌス帝暗殺後,元老院に推されて即位。2度執政官 (コンスル ) に就任し,40年ぶりの軍人出身以外の皇帝となった。ゴート人を破ったが,皇帝としての力はなく,わずか7ヵ月で部下の兵に殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タキツス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タキツスの関連情報

関連キーワード

血圧バナー広告カタン糸チタン酸バリウム磁器高層大気水滸伝総会屋ベイラル マコフブローニーフィルムセネガル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation