@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タシロイモ

世界大百科事典 第2版

タシロイモ【Tacca leontopetaloides (L.) O.Kunz.(=T.pinnatifida Farst.et Forst.f.)】
地下に球茎有し外見コンニャクに類似したタシロイモ科の多年草(イラスト)。球茎は扁球形で直径10~30cmになり,2~数枚の葉を生する。葉は円柱形の長さ30cm~1mの長い葉柄を有し,葉身は3裂しさらに各裂片は多裂してコンニャクの葉に似る。花茎は葉よりも高く,頂端に緑色あるいは帯暗紫色の大きな苞を数枚~10枚つけ,その中に散状に花を多数つける。花は3~5cmの花柄を有し,子房下位でらっぱ状になり,開花時には垂れ下がる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

タシロイモ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タシロイモの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation