@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タスマニアデビル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タスマニアデビル
Sarcophilus ursinus; Tasmanian devil
有袋目フクロネコ科。体長 50~80cm,尾長 23~30cm,体重5~9kgで,小型のクマに似る。体は黒色で,に月の輪状の白色斑がある。有袋類中最も貪欲であるとされ,小動物を捕食するほか死肉も食べる。噛む力が強く,細い鉄棒などは曲げてしまうといわれる。夜行性。子は母親の育児嚢で5ヵ月ほど育てられる。タスマニア島分布するが,近年その数が激減したといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タスマニア‐デビル(Tasmanian devil)
フクロネコ科の哺乳類。体長47~80センチ。黒色で体のわりに頭と口が大きい。タスマニア島だけに分布。ふくろあなぐま。ふくろぐま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タスマニアデビル【Tasmanian devil】
別名フクロアナグマ。有袋目フクロネコ科の哺乳類(イラスト)。体つきがクマに似て,がっしりとしたタスマニア島固有の動物。体色は黒褐色ないし黒色で,前胸部にクマのそれに似た三日月状の白斑がある。クマよりはるかに小さく,体長52~80cm,尾長23~30cm,体重4.1~11.8kg。森林草原山地海岸とタスマニアのほとんどあらゆる環境にすむ。夜行性で,日中は岩穴,木の洞,ウォンバットの巣穴,茂みなどで眠り,夜間おもに嗅覚(きゆうかく)でカエル,ザリガニ,鳥,ネズミなどをさぐりだして捕食する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タスマニアデビル
たすまにあでびる
Tasmanian devil
[学] Sarcophilus harrisi

哺乳(ほにゅう)綱有袋目フクロネコ科の動物。フクログマ、フクロアナグマともいう。タスマニア島だけに分布する。頭胴長47~83センチメートル、尾長22~30センチメートル、体重5.5~9キログラム。体は頑丈で頭は大きく、あごの筋肉は強力で歯も強い。吻(ふん)は短く幅広い。体の上毛は粗く、下毛は羊毛状である。体色は黒または暗い黒茶色で、のどに月輪状の白斑(はくはん)があるが、欠くものもある。後ろ足の第1指はない。雌の育児嚢(のう)は繁殖期だけに発達し、後方に開口する。乳頭は4個。夜行性で、川岸、海岸、谷間などの岩石地、あるいは森林、低木林などに単独で生活する。昼間は岩穴や木の株のうろ、石の下などに隠れている。種々の動物を捕食し、カエル、ザリガニ、魚などから、ヒツジ、ニワトリまで食べる。1産1~4子。子の大きさは12ミリメートルで、目は閉じ、体には毛が生えていない。子は育児嚢で育てられる。寿命は7年ほどである。

[中里竜二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タスマニアデビル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タスマニアデビルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation