@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タチジャコウソウ(立麝香草)【タチジャコウソウ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タチジャコウソウ(立麝香草)
タチジャコウソウ
Thymus vulgaris; common thyme
シソ科の小低木状の多年草で,南ヨーロッパの原産。単にジャコウソウと呼ぶこともある。タイムともいう。日本には江戸時代に薬草として伝えられた。日本の高山植物であるイブキジャコウソウ (伊吹麝香草)に似ているが茎は直立し,葉柄がなく,葉がやや厚質な点で区別される。植物体全体に芳香のある精油成分を含み,葉をもむとよい香りがする。本種は枝を挿木してふやすことができる。ヨーロッパではソースやトマトケチャップの香料として用いられるほか,咳止めの薬用にする。和名は茎が直立することによる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タチジャコウソウ(立麝香草)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タチジャコウソウ(立麝香草)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation