@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タチナタマメ【たちなたまめ】

世界大百科事典 第2版

たちなたまめ【タチナタマメ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タチナタマメ
たちなたまめ / 立鉈豆
立刀豆
[学] Canavalia ensiformis (L.) DC.

マメ科(APG分類:マメ科)の一年草。中央アメリカ、西インド諸島原産で、ヨウナタマメ(洋刀豆)ともいう。ナタマメに似るが、茎は半つる性で、高さ1~2メートルに立ち上がるのでタチナタマメの名がある。葉は互生し、3小葉からなる複葉で葉柄は長い。葉腋(ようえき)から花枝を出し、紅色から紫色の蝶形花(ちょうけいか)を総状花序に10~50個つける。果実は豆果(とうか)で、莢(さや)は長さ20~30センチメートル、幅2~2.5センチメートルとなり、8~20個の白色の種子がある。莢の形がジャックナイフに似ることからジャックビーンjack beanの名がある。若莢を漬物とする。完熟種子は有毒成分であるカナバリンcanavalineを含むので、2~3時間煮て除毒し、煮豆とする。緑肥や飼料としても栽培される。

[星川清親 2019年10月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タチナタマメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タチナタマメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation