@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タツタソウ【たつたそう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

タツタソウ
たつたそう / 竜田草
[学] Jeffersonia dubia (Maxim.) Benth. et Hook.f.

メギ科(APG分類:メギ科)の多年草。原産は朝鮮半島北部、中国東北部、アムール地方で、日本には1904年(明治37)にもたらされた。草丈は9~30センチメートル。葉は全部が根生で、長い赤黒色の葉柄を備え、ほぼ円形となり、直径約5センチメートル。葉の先端はくぼみ、基部は深く湾入する。早春に淡紫色の花を単生する。根茎は黄色で、アルカロイドのベルベリンを含有するため、黄連(おうれん)の代用とする。和名の由来は、日露戦争のとき、軍艦「竜田(たつた)」の乗組員が黄河流域で採集し持ち帰ったことによる。また、葉の形からイトマキグサ(糸巻草)ともいう。漢名は鮮黄連、鉄線草。

[長沢元夫 2019年9月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タツタソウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タツタソウの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科カエデカツラ科キンギョモナギイカダフウホザキノフサモ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation