@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タニス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タニス
Tanis
エジプトのナイルデルタ地帯北東部にあった古代都市。現 Sān al-Hajar al-Qiblī-yah。旧約聖書ではゾアンと呼ばれる。古代の下エジプト第 19ノモスの都市で,第 21王朝時代の前 1085年頃には古代エジプトの首都となった (→タニス朝 ) 。前 1720年頃エジプトを支配したヒクソスの拠点アバリスあるいはラムセス2世 (在位前 1304~1237) によって再建されたペルラメスと同一視する見解もある。東方の商業都市ペルシウムの勃興により,徐々に衰退した。巨大な遺跡が現存し,数次にわたって発掘されたが,大部分はまだ土砂の下にうずまっている。出土品は古王国時代までさかのぼるが,第 12,13王朝の彫像やスフィンクス,ラムセス2世の巨像オベリスク末期王朝時代のアモン神殿,アンタ神殿,それに第 21,22王朝の未盗掘の王墓などが注目される。特に王墓のうち第 21王朝のプスセンネス1世,第 22王朝のオソルコン2世,シェションク3世の墓からは王のミイラ,銀の,黄金のマスクや各種の装身具類が発見され重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タニス(Tanis)
エジプト北部、ナイル川河口のデルタ地帯にあった古代エジプト時代の都市。現在のサーン‐イル‐ハガルにあたる。セト信仰の中心地として栄えた。第二中間期に異民族のヒクソスが侵入し、首都を置いた。末期王朝時代に建造されたアモン神殿や王墓が残っている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タニス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タニスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation