@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タブラ・バヤ【たぶらばや】

日本大百科全書(ニッポニカ)

タブラ・バヤ
たぶらばや
tabla baya
北インドの2個一組の片面太鼓。単にタブラともいう。通常右手でたたく小形の太鼓をダヤンまたはタブラ、左手でたたく太鼓をバヤまたはバヤンとよぶ。ダヤンは膜面の直径約15センチメートル、胴は木製で底に近い部分が外側に張り出している。バヤは膜面の直径約25センチメートル、胴は金属または素焼粘土製で、全体に丸みを帯びている。両方とも高さは約25センチメートルで、膜面は革紐(かわひも)で胴に固定される。さらにダヤンは紐に木製のくさびをかけ、バヤより八度上に調律される。膜面にはマンガンを米と水で練ったものが塗られ(ダヤンでは中央、バヤでは中央よりやや奏者側)、さまざまな音色が出るようくふうされ、手のひらや指を使って、基本的にダヤンでは5種、バヤでは3種の音色が出せる。弦楽器シタールやサロッドなどとの競演に用いられる。[柴田典子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タブラ・バヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タブラ・バヤの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation