@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タブラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タブラ
tabla
インドの最も代表的な膜鳴楽器。正確にはタブラとバヤ bayaの2個から成っているので,タブラ・バヤと呼ばれる。右手で奏するタブラは木をくりぬいた左手のバヤは粘土あるいは銅製の胴。両方とも表面に皮が張られ,調子を合せる締めがついている。2個の太鼓オクターブに調律され,音色の変化をリズムに与えるため表皮には鉄粉を混ぜた練りものが小円形に塗りつけられている。声楽や器楽演奏に必ずリズム楽器として用いられ,手のひら,5指で非常に高度なリズムを奏する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タブラ(〈ヒンディー〉tablā)
インドの代表的な太鼓。木製または陶製のある釜形の胴の上面に革を張ったもの。低音用の太鼓バヤと一組にしたものをいうこともある。→タブラバヤ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タブラ【tabla】
北インドで最も一般的に用いられている一面太鼓(イラスト)。バヤbayaと呼ばれる太鼓と一組をなし,二つ一組にしてタブラと呼ぶこともある。南インドに古くから伝わるパッカワージpackhawājという両面太鼓があり,宮廷音楽家アミール・ホスローが,これを二つに分け,上から打つタブラ,バヤを考案したとされている。タブラは一木をくり抜いた胴で作られ,右手で演奏される。バヤは,金属,素焼のいずれかでできており,左手で演奏される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

タブラ
〘名〙 (tablā) インドの代表的な太鼓。木製または陶製の底のある釜形の胴の上面に革を張り、わくをひもでしめたもの。低音を出す筒形の太鼓バヤと一組みにして一人の奏者が打つ。ふつう、その一組みでタブラという。タブラバヤ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タブラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タブラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation