@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タブレット型コンピュータ【タブレットがたコンピュータ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タブレット型コンピュータ
タブレットがたコンピュータ
tablet computer
ノート型コンピュータスマートフォンの中間の大きさのコンピュータ。初期のものは従来型のキーボードかタッチペン(スタイラス)を使う入力が多かったが,今日ではディスプレイにじかに触れて操作するタッチスクリーン式が主流。1957年の Stylator,1961年の RAND Tabletのようなタッチペンを使ったコンピュータ入力機器を前身とする。1968年にはアメリカ合衆国のユタ大学の大学院生アラン・ケイが小型で高性能なタブレット型コンピュータ(のちの「ダイナブック Dynabook」)の構想を発表したが,実現にはいたらなかった。1987年に発表されたケンブリッジ・リサーチの Z88とリーナス・テクノロジーズの Write-Topが,最初のタブレット型コンピュータである。Z88は重さわずか 900gで,フロッピーディスクドライブ内蔵のため 4kgの重さがあった Write-Topに比べて,はるかに持ち運びが容易だった。2010年,アップルiPadを発表。iPadは,9.7インチのタッチスクリーンを搭載した厚さ約 12mm,重さ約 700gのタブレット型コンピュータで,基本操作は同社のスマートフォン iPhoneと同じ。アップルは大手出版社数社と提携して iPad用の電子書籍(→電子出版)アプリケーション iBooksを開発,iBookストアも開設した。iPadに続いて,サムスン電子のギャラクシータブ Galaxy Tab,モトローラのズーム Xoom,ヒューレット・パッカードのタッチパッド Touchpad,アマゾン・ドット・コムのキンドル・ファイア Kindle Fireなどが続々と発売された。2009年には 200万台だった全世界のタブレット型コンピュータの売り上げは,翌 2010年には 2000万台へと爆発的に増加した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タブレット型コンピュータ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タブレット型コンピュータの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation