@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タラス川の戦い【タラスがわのたたかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タラス川の戦い
タラスがわのたたかい
751年に高仙芝の率いる軍とアラブ軍との間で行われた戦闘タラス川はカザフスタン南部にあり,その流域は古来東西交通の要衝であった。突厥に代って西トルキスタンを支配した唐と,南西方から迫ってくるアラブ勢力との衝突は避けられなかったが,この戦いで唐軍は大敗し,西トルキスタンにおける唐の勢力は後退した。中国人捕虜のなかに製工がおり,製紙法が西伝された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タラス川の戦い
たらすがわのたたかい
751年、唐軍とアッバース朝軍との間に行われた戦い。タラスalasは、『唐書』では「怛羅斯」とあり、アラビア語ではタラーズarzと表記される川の名であり、また都市の名でもある。川は天山山脈の北西部から西に流れ、北に転じる地点でタラスの町を潤し、やがて砂漠に消える。戦いは、唐の安西四鎮(あんせいしちん)節度使であった高仙芝(こうせんし)が石国(シャーシュ)を攻略したことに端を発している。石国王の子や他の「諸胡(こ)」が、アッバース朝のホラサーン総督アブー・ムスリムに派兵を求め、後者はジヤード・ビン・サーリフを将として一軍を送った。両軍はともに数万で対戦したが、トルコ系の一部族カルルクが唐を裏切ったため、唐軍は壊滅した。このとき捕虜となった中国人が紙の製法を西方に伝えたという。[後藤 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タラス川の戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タラス川の戦いの関連情報

関連キーワード

覇流村水沼村ピピンメロビング朝ヒルデリヒ[3世]メロビング朝ピピン(小)ピピン(小)フランス史山水

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation