@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タラノキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タラノキ
Aralia elata
ウコギ科の落葉小高木。日本各地の山野に普通に生じる。大きなものは高さ 6mに達し,分枝は少く大小の鋭いとげがある。葉は生し,に集ってつく。長さ 1mにも達する。2回羽状複葉で葉柄や葉軸にも多数の鋭いとげがある。8月頃,茎頂に数個の大きい円錐花序を出し,多数の白色の小花をつける。果実球形の核果で紫黒色に熟する。春,若芽をとり食用にする。ウドに似た香りがあり美味とされる。樹皮は糖尿病や腎臓病に,葉は健胃剤として用いる。全体がタラノキに似て葉にとげのない変種メダラ A. elata var. canescensがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タラノキ【Aralia elata (Miq.) Seemann】
山の道ぞいや二次林に多いウコギ科の落葉低木(イラスト)。英名はangelica tree,Hercules’‐club,devil’s‐walking‐stick。単一またはわずかに分枝して直立し,高さ2~4m,樹皮の表面には鋭いとげが多数ある。葉は2回羽状複葉で大きく,長さ1mに達し,幹の上部に集まって互生する。葉柄や羽軸にも直立した鋭い針状のとげがある。小葉は卵形で鋸歯があり,裏面は白色を帯びる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タラノキ
たらのき
[学] Aralia elata (Miq.) Seem.

ウコギ科の落葉低木。高さ4メートルほどになり、幹は黄褐色で直立してあまり分枝せず、鋭い刺(とげ)がある。葉は大形の2回羽状複葉で、枝の先に集まり、長さ0.5~1メートル。小葉は5~9枚の羽片からなり、羽片は長さ5~12センチメートルで無毛。花は8月、大形の円錐(えんすい)花序につき、白色。果実は球形の核果で径約3ミリメートル、黒く熟す。北海道から沖縄および朝鮮半島、中国、シベリアに分布し、山野に普通に生える。タラノキの語源は不明。刺がないかあるいは少なく、葉の裏に毛のあるものをメダラとよんで区別することもある。若芽は山菜として食用とする。タラノキ属は30種あり、アジア、オーストラリア、北アメリカに分布する。

[門田裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タラノキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タラノキの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation