@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タリオ

デジタル大辞泉

タリオ(〈ラテン〉talio)
者が受けたのと同種の害を加害者に加える処罰法。刑罰犯罪に対する応報であるとする考え方に基づくもので「目には目を、には歯を」などの言葉で知られる。同害刑同害報復刑。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タリオ【talio】
同害刑と訳され,〈目には目を,歯には歯を〉の語で表現されている刑罰である。最古には許されていた無制限の復讐(フェーデ)を制限して,受けた害と同一の害を加害者側に加えることしか許さない制裁形態である。この点で,最古の状態からは一歩前進した刑罰形態である。制裁の主体は,本来は被害者ないしその親族であるが,徐々に国家的機関がこれに取って代わる傾向がある。同害刑は,現実には,生命および身体に対する危害の場合にもっとも多く行われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タリオ
たりお
Talio ラテン語

同害報復刑、反座刑ともいう。被害者が受けたと同種の害を加害者に加え、または同種の方法で加害者を害するものである。タリオの語は、古代ローマの十二表法の規定「もし彼が他人の四肢を分離せしめ、妥協ととのわざるときは、タリオたるべし」(第八表2)に由来するが、すでに古く『ハムラビ法典』や『旧約聖書』の「出エジプト記」やコーランにもみられる。このようなタリオは、前記のほか古代ギリシアや古代中国においてもみられるが、ゲルマンやインドにはなかったとされている。多くの場合タリオは比較的早い段階で消滅し、国家の定める特定の刑罰か、あるいは財産による損害賠償へと変化したが、その基本的考え方は応報であり、この考え方は刑罰の歴史に大きな影響を与えた。

[佐藤篤士]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タリオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タリオの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation