@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タルン県【タルン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タルン〔県〕
タルン
Tarn
フランス南部,ミディピレネー地域 (レジオン) の県。ラングドック地方,マシフサントラル (中央山地) 南西部にある。県都アルビ。東部は平均標高 600mの高原でおもに牧畜が行われ,ガロンヌ川諸支流の谷とアキテーヌ盆地に続く西部の低地肥沃で,コムギトウモロコシ果樹 (ブドウなど) の栽培が盛ん。少量の石炭亜鉛が採掘され,タルン川水力発電を利用して,アルビなどには工業が立地する。南部ローラゲ地方は,アキテーヌ盆地と地中海岸とを結ぶ交通路として知られ,カストルなど古くからの商業都市がある。南フランスのゴシック建築を代表するといわれる聖セシル大聖堂 (アルビ) ,トゥールーズ=ロートレック美術館 (アルビ) ,ゴヤ美術館 (カストル) などがあり,観光客も多い。面積 5758km2。人口 34万 2723 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タルン県」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タルン県の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation