@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タロイモ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タロイモ
Colocasia antiquorum; taro
サトイモ科の多年草。東南アジアの原産サトイモ (里芋)品種群と考えられ,ポリネシアや南太平洋島々で広く栽培され,重要な食料となっている。現在では熱帯アフリカやアメリカでも栽培され,多数の品種が知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タロイモ【taro】
太平洋のポリネシア地域では,主食として栽培しているサトイモや,それに類似のサトイモ科植物をタロと一般的に呼んでいる。それからサトイモ類を英語でtaroと呼ぶようになり,さらにその呼び方が日本にもち込まれ,〈タロイモ〉という総称名が,南方系の栽培サトイモ類に使用されるようになった。この太平洋諸島のタロは,作物としては日本でも栽培されているサトイモをもともとは指すものであるが,南アメリカから新しくもち込まれたヤウテアも,サトイモに似ているため,現地でもタロと呼ばれることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タロイモ
たろいも
taro

サトイモ科サトイモ属Colocasiaの植物で、オセアニアの熱帯から温帯にかけて広く栽培され、主要な食糧となっているものの総称。いも(地下茎)を食用とするものがほとんどであるが、葉柄や葉身を食用とする品種もある。大部分はC. antiquorum Schottであり、これはいわゆるオセアニアのタロや西インド諸島のダシーンdasheen、アフリカのココヤムcocoyamを含む変種var. antiguorum Schottと、西インド諸島のエドエeddoeや、日本のサトイモが含まれる変種var. esculenta Engl.とに分類されている。ほかにマレーシア原産で日本でも栽培されているハスイモC. gigantea Hook. f.も含まれる。また、インドクワズイモ、キルトスペルマ類もタロイモとよばれる。

[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

タロイモ
 →サトイモ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タロイモ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タロイモの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation