@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タロン
Talon, Jean-Baptiste
[生]1625? シャロンシュルマルヌ
[没]1694.11.24. パリ
フランスの植民地行政官。ニューフランス初代地方長官 (在任 1665~68,70~72) 。 28歳で軍人となり,フランスの海外領土地方長官をいくつか経たのち,1665年ニューフランスの初代地方長官に就任。当時のフランス国王ルイ 14世と蔵相 J.コルベールは植民地の経済的自立を望み,タロンにその大役をまかせた。彼は積極的にフランス人の北アメリカ移住を促進し,毛皮交易に依存していた植民地の経済を多角化して工業を興そうと尽力,ニューフランスの人口は増加し,その後のたび重なるイギリスからの攻撃に耐える経済力をそなえた植民地となった。フランスに帰国後,国王の私設秘書官などをつとめた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

タロン
アメリカのクライスラーイーグルのブランドで1989年から1998年まで販売していた乗用車。2ドアクーペ。三菱自動車エクリプスのOEM車。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タロン【Jean Baptiste Talon】
1625?‐94
北アメリカのニューフランス植民地監督官(1665‐68,70‐72)。フランスのシャンパーニュ地方に生まれ,若くして役人となる。ニューフランス植民地駐在は短かったが,移民を奨励して植民地人口の増加をはかり,商業,工業に力を注いでニューフランスの経済的基盤を整備したことで知られる。植民地で初めて船が造られ,醸造がなされたのもタロンの在任中であった。帰任後も宮廷で役人生活を続け,パリで死去。【大原 祐子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

タロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タロンの関連情報

関連キーワード

ジェームズチャールズ1世エリザベス朝ジェームズ[1世]チャールズ[1世]ジェームズ[1世]ジェームズ1世フェルディナント3世マウリッツ三十年戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation