@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タンガニーカ湖【タンガニーカこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タンガニーカ湖
タンガニーカこ
Lake Tanganyika
アフリカ大陸東部の湖。大部分タンザニアコンゴ民主共和国国境地帯を占めるが,北端ブルンジ南端ザンビアに及ぶ。面積 3万2900km2アフリカ大地溝帯グレートリフトバレー)に沿い,最大水深 1436mはロシアのバイカル湖に次いで世界第2位で,湖岸は急斜面をなす。東方からマラガラシ川,北方キブ湖からルジジ川などが注ぐ。流出河川は西流するルクガ川のみ。東アフリカと西アフリカの動植物帯の境界をなし,293種のこの地域固有の動物が生息する。湖岸には沿岸各国の湖港があり,湖上運輸,漁業が重要。1858年探検家のジョン・H.スピークとリチャード・バートンがヨーロッパ人で初めて湖岸に到達,1870年代にはヘンリー・M.スタンレーデービッドリビングストン探査

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タンガニーカ‐こ【タンガニーカ湖】
アフリカ南東部、大地溝帯にある断層湖南北に細長く、大部分はタンザニアとコンゴ民主共和国との国境をなす。面積3万2000平方キロメートル。最大深度は1470メートルで、世界第2位。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

タンガニーカ湖
たんがにーかこ
Lake Tanganyika

アフリカ南東部、西リフトバレー(大地溝帯)中央部にある断層湖。南北約700キロメートル、東西最大約80キロメートル、面積約3万3000平方キロメートルで、ビクトリア湖に次ぐアフリカ第二の湖。湖面の標高は現在772メートル前後であるが、最近約100年間で最大15メートル程度の変動が観測された。最大深度は1471メートルに達し、バイカル湖に次いで世界第二の深い湖である。西から流出するルクガ川が唯一の流出河川で、コンゴ川(ザイール川)に注ぐ。東岸の大部分がタンザニア、北部がブルンジ、西岸の大部分がコンゴ民主共和国(旧ザイール)、南端はザンビアの四か国にまたがる国際湖で、タンザニアのキゴマとコンゴ民主共和国のカレミーを結ぶ航路など、沿岸各国間の定期航路がある。湖水にすむ約400種の生物の約4分の3が固有種であることは、湖の誕生が古いことを物語る。1858年、イギリスのR・バートンとJ・スピークがヨーロッパ人として初めて湖岸に達した。

[田村俊和]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

タンガニーカ‐こ【タンガニーカ湖】
アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)とタンザニアの国境をなす淡水湖。ビクトリア湖に次ぐアフリカ大陸第二位の大湖で、アフリカ大地溝帯の中央部にあたり、最大水深は一四三五メートルで世界第二位。二九三種の固有の動物が棲む。湖面標高七八二メートル。面積三万一九〇〇平方キロメートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タンガニーカ湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タンガニーカ湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation