@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タークシン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タークシン
Taksin
[生]1734
[没]1782
タイ,トンブリ朝の王 (在位 1767~82) 。ピヤ・タークシンともいう。華僑の子で,中国名を鄭昭という。アユタヤ朝ビルマ軍によって滅亡したのち,同王朝の武将タークシンがビルマ軍を退け,1767年バンコクの対岸トンブリに王朝を開いた。しかし在位 10年頃から精神に異常をきたし,暴政のため人心を失い,82年処刑された。のち配下のラーマ1世がバンコクにチャクリー朝を創建した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タークシン【Taksin】
1734‐82
18世紀後半のアユタヤ朝滅亡後,ビルマ(現ミャンマー)軍を撃退してタイの独立を回復し,新たにトンブリーに都を開いた(トンブリー朝)タイ国王。在位1767‐82年。中国史料では鄭昭として知られる。徴税請負人であった中国の潮州澄海華富里出身の華僑を父とし,タイ人を母としてアユタヤに生まれた。幼名はシン。アユタヤ朝の高官養子となり,長じて宮廷に仕え才能を認められ,プラヤー・ターク(ターク国主)に任命され,次いでカンペンペット国主となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

タークシン
たーくしん
Phraya Taksin
(1734―1782)
タイ国王(在位1767~82)。徴税請負人であった潮州華僑(かきょう)を父とし、タイ人を母としてアユタヤに生まれた。幼いころから利発さを認められ、高官の養子となる。長じて官途につき、ターク(タイ西部)の国主に任じられた。1767年、アユタヤがビルマ遠征軍の攻撃を受け陥落する直前、彼は南東部のタイランド湾沿岸地方へ赴き、兵力をたて直すと、ふたたび北上してビルマ(現ミャンマー)占領軍を駆逐、タイの独立を回復した。王位についたタークシンは新たにトンブリーを王都に定め、15年にわたり自ら各地に兵を進めて国内秩序の回復に努めたが、1782年、王の乱心を理由とするクーデターが発生して処刑され、トンブリー朝は一代で滅びた。[石井米雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タークシン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タークシンの関連情報

関連キーワード

フェイト組踊平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテールチャルトリスキイタリア演劇桂川甫筑農書(農業に関する書物)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation