@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ターク・イ・ブスターン

世界大百科事典 第2版

ターク・イ・ブスターン【Tāq‐i Bustān】
イラン北西部,ケルマンシャーの北東約12kmにあるササン朝中・後期の磨崖浮彫遺跡。ターケ・ボスターンTāq‐e Bostānともいう。地名は〈庭園のアーチ〉の意。中期のものに,アルダシール2世(在位379‐383)がアフラマズダと太陽神ミトラから王権を授与されている場面を浮彫したいわゆる〈王権神授図〉,イーワーン形の小洞内にシャープール2世(在位309‐379)とシャープール3世(在位383‐388)を浮彫した記念碑がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ターク・イ・ブスターン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ターク・イ・ブスターンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation