@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ターゲットイヤー型【たーげっといやーがた】

投資信託の用語集

ターゲットイヤー型

ライフサイクルファンドの一種類で、事前にある年(ターゲットイヤー)を定め、ターゲットイヤーが近づいてくるに連れて組み入れ資産の比率を変更する投資信託のこと。一般的にはターゲットイヤーが近づいてくるに連れ、の組み入れ比率を引き下げ、その分債券の組み入れ比率を引き上げるような、投資資産の組み換えを行う。これは、投資家が年齢を重ねることによって、リスク許容度が小さくなることを想定したものである。

出典:(社)投資信託協会

ターゲットイヤー型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ターゲットイヤー型の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation