@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

タール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

タール
Tearle, Sir Godfrey Seymour
[生]1884.10.12. ニューヨーク
[没]1953.6.8. ロンドン
イギリスの俳優。俳優オズモンド・タール (1852~1901) の子。 1893年子役としてデビューして以来,父の死の年までその劇団に出演。 1904~06年自身の劇団を結成して地方を巡業シェークスピアの作品や O.ゴールドスミスの『負けるが勝ち』などを上演。 08年 H.B.トリーのハー・マジェスティーズ劇場へ出演し,その後ロンドンの劇界で活躍。オセロハムレットアントニーなどを得意とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タール
tar
石炭,石油木材のような炭素化合物分解するとき残留する黒ないし褐色の油状瀝青物質の総称石炭乾留で得られるコールタールはその代表的なものである。再蒸留して各成分に分けて合成化学工業原料に使われるほか,そのままで塗料燃料にも使われる。コールタールのほかに, (けつ) 岩タール,木タール,オイルガスタール (石油のガス化副産物) ,石油タールなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タール
tār
楽器の一種。イランアゼルバイジャンアルメニアウズベキスタンタジキスタントルクメニスタンジョージアグルジア)などコーカサスの諸国で用いられる撥弦楽器。長い棹には羊腸弦を巻いた可動フレットがあり,先端には糸蔵がついている。くびれのある独特な形の刳 (く) り木のの腹面には薄い小羊の皮膜が張られる。金属製の小さな (ばち) でトレモロを重用して弾く。弦数は地域によって異なるが,今日イランの古典音楽で用いられるタールは3コースの複弦 (金属弦) になっている。本来,弦楽器を意味するペルシア語から来ており,今日,中央アジアの音楽では最も重要な撥弦楽器としてドタール (2弦) とともに普及している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

タール(tahr)
ウシ科の哺乳類ヤギ近縁で、体高0.6~1メートル。三日月形の短い角をもち、首からにかけてたてがみ状の長毛がある。ヒマラヤ地方から中央アジアの山岳分布

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タール(tar)
石炭・木炭などの固体有機物乾留によって生じる黒色または褐色の粘性の油状物質。主成分炭化水素コールタール木タール・石油タールなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タール(Thar)
インドとパキスタンとの国境一帯に広がる砂漠塩湖が多く、石灰などの地下資源がある。大インド砂漠

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

タール【tahr】
ヤギに似るがカモシカに近縁な偶蹄目ウシ科タール属Hemitragusの哺乳類の総称。アラビア半島東端にアラビアタールH.jayakari,インド半島南部にニルギリタールH.hylocrius,カシミールからシッキムにヒマラヤタールH.jemlahicus(ニュージーランドでは移入されたものが野生化)の3種が分布。体長90~140cm,尾長9~12cm,体高61~106cm,体重50~100kg。体型はヤギ的だが,体の前半はたてがみ状の長毛でおおわれ,あごひげはない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

タール【tar】
有機化合物を熱分解したときに得られる黒褐色の粘稠な液体をいう。石炭を乾留したときのコールタール,木材を乾留したときの木タールなどはその例である。主成分は芳香族性の炭化水素であるが,そのほかに酸素,窒素硫黄などを含む有機化合物(酸性または塩基性を示す)も含まれている。これらの化合物は分離して,種々の用途に用いることができる。【冨永 博夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たーる【タール】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

タール【tar】
有機物を熱分解して得る粘性のある褐色または黒色の油状液体。主成分は芳香族系の炭化水素とその誘導体。コールタール・木タール・石油タールなどがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タール【Thar】
インドとパキスタンとの国境地帯に広がる砂漠。一部では牧畜・綿花栽培も行われている。別名、大インド砂漠。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

タール
〘名〙 (tar) 有機物の熱分解によって生じる黒色または黒褐色の粘稠(ねんちゅう)な油状物の総称。石炭からのコールタール(石炭タール)、木材からの木タールなどがあるが、特にコールタールをいうことが多い。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

タール
タール
tar

有機物の熱分解により生成する茶褐色あるいは黒色の粘りのある液状物質.芳香族炭化水素が主成分で,硫黄,窒素,酸素を含む複素環式化合物が共存する.狭義には,コールタールを意味する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

タールの関連情報

関連キーワード

スベルドラップ(Johan Sverdrup)清仏戦争自由民権スーラ秩父事件ブルックナーウィリアムズキンダークロイツァー洪英植

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation